『千葉県知事選が告示 新人8人の戦い、21日投票』


千葉県知事選が告示 新人8人の戦い、21日投票
 任期満了に伴う千葉県知事選は4日告示され、過去最多の新人8人が立候補しました。立候補したのは届出順に、無所属新人で元千葉市長の熊谷俊人氏(43)、…
(出典:政治山)


任期満了に伴う千葉県知事選は4日告示され、過去最多の新人8人が立候補しました。立候補したのは届出順に、無所属新人で元千葉市長の熊谷俊人氏(43)、ベーシックインカム党の新人で政治団体代表の後藤輝樹氏(38)、無所属新人で医師の加藤健一郎氏(71)、無所属新人で政党職員の金光理恵氏(57)=共産推薦=、無所属新人で元県立高校長の皆川真一郎氏(66)、無所属新人で元千葉県議の関政幸氏(41)=自民推薦=、国民主権党の新人で党首の平塚正幸氏(39)、千葉県全体を夢と魔法の国にする党の新人で会社社長の河合悠祐氏(40)の8人です。

 前回(2017年)の同県知事選は、現職の森田健作氏(67)、新人で元浦安市長の松崎秀樹氏(67)、新人で元県立高校教諭の角谷信一氏(62)、新人で元会社員の竹浪永和氏(42)の無所属4人が立候補。森田氏が109万4291票を獲得して、3選を果たしました(党派と年齢は選挙時)。投票率は31.18%でした。

 投票は3月21日(日)午前7時から午後8時までで、即日開票されます。期日前投票は5日(金)から20日(土)まで。3日現在の有権者数は527万1266人です(千葉県選挙管理委員会調べ)。

【『千葉県知事選が告示 新人8人の戦い、21日投票』】の続きを読む