永遠のライバルだった『小川直也氏「バカヤロー」古賀稔彦さん通夜参列で悲痛…「かけがえのない友失った」』


小川直也氏「バカヤロー」古賀稔彦さん通夜参列で悲痛…「かけがえのない友失った」
 24日にがんのため53歳の若さで亡くなった、1992年バルセロナ五輪柔道男子71キロ級金メダリストの古賀稔彦さんの通夜が28日、川崎市内の寺院で営…
(出典:デイリースポーツ)


 24日にがんのため53歳の若さで亡くなった、1992年バルセロナ五輪柔道男子71キロ級金メダリストの古賀稔彦さんの通夜が28日、川崎市内の寺院で営まれた。全日本柔道連盟の山下泰裕会長(63)ら柔道関係者をはじめ、約3000人が参列。同五輪95キロ超級銀メダルの小川直也氏(52)は「言葉が出ない。バカヤローって感じだよ。早えーよ」と、どこにもぶつけようのない無念をあらわにした。

 人知れず闘病していた古賀さんとは、2カ月ほど前に連絡を取ったという。「すごく元気で笑い合っていたのに…まさかという感じ。今でも(死去を)信じられない。今日でお別れと思うと言葉が出ない」。直接会うことはかなわなかったといい、「『お前の前じゃ、こんな(弱った)体をみせられない。元気になるまで待ってくれ』と言われて。最後まで俺の前では元気な姿を見せたかったのかな…。今はゆっくり休んでくれとしか言いようがない」と語った。

 古賀さんとは同学年で高校時代から旧知の仲だった。1990年全日本選手権では体重無差別の大会にもかかわらず、中量級の古賀さんが決勝まで進出。小川氏と真っ向勝負の接戦を演じて古賀さんが敗れたものの、準優勝に輝いたことは伝説となっている。

 「ずっとライバル関係で、あいつがいるから今の自分があると思う」と小川氏。「柔道の戦いではなく、常に色々な面で戦っていたのかもしれないね。現実にみんなの前で戦えたのは全日本だったが、俺も一生あの戦いは昨日のように思い出すし…。彼が死んでから、高校時代の夢を見た。互いに当時の高校時代の制服を着ていて…。かけがえのない友を失ったよ」と寂しそうに話した。




【永遠のライバルだった『小川直也氏「バカヤロー」古賀稔彦さん通夜参列で悲痛…「かけがえのない友失った」』】の続きを読む