テニス


スポーツ選手だけでなく用具にあたるのはよくあること!『大坂なおみ選手の「ラケット破壊」。


大坂なおみ選手の「ラケット破壊」。用具を提供するYONEXがコメント「今回のような行為望まない」
…テニスのイタリア国際・女子シングルス2回戦に出場した大坂なおみ選手(日清食品)の行為が、物議を醸している。大坂選手は5月12日(現地時間)の試合で、…
(出典:ハフポスト日本版)


テニスのイタリア国際・女子シングルス2回戦に出場した大坂なおみ選手(日清食品)の行為が、物議を醸している。大坂選手は5月12日(現地時間)の試合で、米のジェシカ・ペグラ選手にストレートで敗れ初戦で敗退。思うようにプレーが出来ずフラストレーションが溜まった大坂選手がラケットをコートにたたきつけ破壊するという一幕があった。

この行為に注目が集まり、Twitterでは「ラケット破壊」が日本のトレンドになった。テニス選手が、孤独な戦いの中で自分への怒りなどからラケットを破壊することは過去に何度もあった。今回、ラケットを大坂選手に提供するYONEXはどう受け止めたのか聞いた。【ハフポスト日本版編集部】

大坂選手に対するコメントには中傷を含むヘイトも
大坂選手がラケットを破壊する場面があったのは、第1セットの後半。ラケットをテニスコートに3回ほどたたきつけて破壊した。

この行為自体は、プロテニスの試合では珍しいことではない。過去には、ノバク・ジョコビッチ選手や錦織圭選手もラケットを破壊した経験がある。

Twitterでは「ラケット破壊が話題になっているけど、テニスの試合ではよくある事」という意見もあった一方で「プロとして道具に当たるのはどうかと思う」と疑問の声もあった。

見過ごせないのは、コメントの中には、下記のような大坂選手を中傷するようなヘイトコメントが散見されたことだ。

もちろん、今回の大坂選手の行為を「受け入れられない」としながらも、「ラケットを破壊することを人種やルーツに繋げることは違うと思う」というコメントもあった。

長年ラケットを提供、YONEXの見解は?
YONEX公式サイトには大坂なおみ選手の姿もある

ハフポスト日本版は5月13日、大坂選手にラケットを提供する契約を長年の間結んでいるYONEXの宣伝担当者を取材。

今回の大坂選手の行為について、次のように回答した。

----
弊社のラケットは、自社工場で1本1本作り上げているものです。ですので、今回のような行為は決して望みません。大坂選手は世界ですでに活躍しているアスリートでありますので、影響力があります。ジュニア世代やキッズたちが今回のような行為を真似することを危惧しております。
----

引き続き用具の提供で大坂選手を支援し、応援する気持ちは変わらないとした上で、今後同じようなことがあれば、注意をする可能性があるとした。

----
このような行為がもしまたあった場合には、大坂選手のマネジメント会社を通じて、注意をさせていただくことがあり得るかもしれません。

【スポーツ選手だけでなく用具にあたるのはよくあること!『大坂なおみ選手の「ラケット破壊」。】の続きを読む


『テニス覇者の宮城淳さんが死去 1955年全米男子ダブルス』


テニス覇者の宮城淳さんが死去 1955年全米男子ダブルス
 テニスの1955年全米ダブルス選手権男子(現在の全米オープン男子ダブルス)で戦後の日本男子唯一の四大大会制覇を果たした宮城淳(みやぎ・あつし)さん…
(出典:共同通信)


テニスの1955年全米ダブルス選手権男子(現在の全米オープン男子ダブルス)で戦後の日本男子唯一の四大大会制覇を果たした宮城淳(みやぎ・あつし)さんが24日、東京都世田谷区の介護施設で死去した。89歳。東京都出身。ぼうこうがんを患っていた。葬儀・告別式は近く家族葬で行う。

 戦後の日本テニス界で姉黎子さんと一時代を築いた。競技を始めた早稲田大卒業後の55年、日本初開催の男子国別対抗戦、デビス杯(デ杯)東洋ゾーンで優勝に貢献した。同年、当時シングルスと別々だった全米ダブルスで加茂公成と組み、日本勢初制覇を達成した。

【『テニス覇者の宮城淳さんが死去 1955年全米男子ダブルス』】の続きを読む


『ピンクの水着姿をインスタで公開したシャラポワ「次の目標」』


ピンクの水着姿をインスタで公開したシャラポワ「次の目標」
…「Beautiful queen!」 「amazing!」 テニス界の妖精マリア・シャラポワ(33)のもとに、絶賛の声が世界中から寄せられている。2…
(出典:FRIDAY)



(出典 birthday.worksb.biz)


テニス界の妖精マリア・シャラポワ(33)のもとに、絶賛の声が世界中から寄せられている。2月14日のバレンタインの日の投稿で、自身のインスタグラムにピンクの水着姿を公開したのだ。抜群のプロポーションは、昨年2月に現役引退してからも変わりない。

「シャラポワは昨年12月に、結婚を発表しています。お相手は英国人実業家のアレクサンダー・ギルケスさん(41)です。英国一の名門イートン・カレッジ出身で、ウィリアム王子や弟のヘンリー王子の友人として知られています。11年に、オンラインオークションハウス『Paddle 8』を米国で共同設立。有数の資産家として世界的に注目される存在です。

シャラポワとは18年から交際していました。彼女はインスタに『最初に会った日からイエスと言った。これは私たちのささやかな秘密だったのよね』とコメント。ギルケスさんに、後ろからハグされる画像も投稿しています」(スポーツ紙記者)

今後シャラポワは、夫とともに本格的に実業界へ進出すると言われる。ギルケス氏は最近、新たに「Squared Circles」という会社を共同設立。相談役には、シャラポワの名前があるのだ。シャラポワ自身も、以前からビジネスの世界で敏腕ぶりを見せていた。

「現役時代から、ティファニー、ナイキ、ポルシェなど世界の名だたる企業とビジネス契約を結んできましたからね。12年には、スイーツブランド『シュガポワ』を創設。年商は21億円を超えていました」(同前)

大学での授業や現場体験を通じ、シャラポワが興味を抱いたのが球団経営だという。近しい人たちには、こう話していると言われる。

「将来は自分でスポーツチームを運営してみたい」

アグレッシブなプレーと、現役後も衰えない姿でファンを魅了してきたシャラポワ。インスタに注目される写真をアップしているのも、定期的に話題を提供するという戦略なのかもしれない。今度はビジネスの世界でも偉大な実績を残すかも…!?

【『ピンクの水着姿をインスタで公開したシャラポワ「次の目標」』】の続きを読む


『錦織圭30歳』が元モデル観月あこ(29)(本名・山内舞)と入籍していた。



(出典 www.sponichi.co.jp)


観月あこさんは知りませんが、父親も含め、交際に反対する人は周囲に少なくなかった」と証言

理由は解らないけど、もう二人とも子供じゃないから、二人が良ければ良いのでは!

錦織も昨年からけがが多く、今年8月には新型コロナウイルスに感染したり
カンバックした矢先に、全仏オープンでは右肩故障、不完全燃焼な年だったから

結婚は良い機会で二人で完全燃焼して下さい。

【『錦織圭30歳』が元モデル観月あこ(29)(本名・山内舞)と入籍していた。】の続きを読む

このページのトップヘ