漫画


『鬼滅の刃」煉獄、猗窩座をモチーフにしたボクサーパンツが登場! メンズ&レディースサイズを展開』


「鬼滅の刃」煉獄、猗窩座をモチーフにしたボクサーパンツが登場! メンズ&レディースサイズを展開
…『鬼滅の刃』より煉獄杏寿郎、猗窩座をモチーフにしたボクサーパンツが登場。「プレミアムバンダイ」にて予約を受付中だ。 本アイテムは、以前発売された「鬼…
(出典:アニメ!アニメ!)


『鬼滅の刃』より煉獄杏寿郎、猗窩座をモチーフにしたボクサーパンツが登場。「プレミアムバンダイ」にて予約を受付中だ。

本アイテムは、以前発売された「鬼滅の刃 ボクサーパンツコレクション」の第2弾。煉獄杏寿郎、猗窩座の2人をフィーチャーしたデザインで展開される。


ボクサーパンツは、ポリエステル素材を使用。履き心地も抜群だ。メンズサイズとレディースサイズどちらもラインナップされている。

「鬼滅の刃 ボクサーパンツコレクション弐」は、各3,850円(税込)。現在、「プレミアムバンダイ」にて予約を受付中だ。

「鬼滅の刃 ボクサーパンツコレクション弐」
販売価格:3,850円(税込)
予約受付終了:2021年5月5日 23時
お届け日:2021年6月発送予定

【『鬼滅の刃」煉獄、猗窩座をモチーフにしたボクサーパンツが登場! メンズ&レディースサイズを展開』】の続きを読む


『鬼滅 次回作「遊郭編」で炎上騒ぎ…論争「遊郭を子供に」「女性差別」「過剰反応」』


鬼滅 次回作「遊郭編」で炎上騒ぎ…論争「遊郭を子供に」「女性差別」「過剰反応」
 大ヒット漫画「鬼滅の刃」の新作テレビアニメ「遊郭編」の年内放送が発表されたことに対し、ネット上で「遊郭を子供にどう説明すればいいのか」「遊郭は子供…
(出典:デイリースポーツ)


大ヒット漫画「鬼滅の刃」の新作テレビアニメ「遊郭編」の年内放送が発表されたことに対し、ネット上で「遊郭を子供にどう説明すればいいのか」「遊郭は子供に悪影響」などの意見が起こり、是非を巡る論争投稿が飛び交う騒動となっている。

 鬼滅の次期作は、映画版「無限列車編」に続くストーリー。鬼殺隊剣士、音柱の宇髄天元が主人公の竈門炭治郎らを率いて、不穏な動きがある吉原遊郭に潜入。遊郭に潜む鬼、上弦の陸・堕姫らと戦う。遊郭が戦闘舞台となり、堕姫が鬼になった過去にも遊郭が関係している。

 華やかな物語舞台として登場するが、ネット上では、遊郭が描かれることについての戸惑いや、「女性差別」との意見もみられ「炎上」と騒ぎになっている。

 一方で、「遊郭という言葉に過剰反応」「遊郭炎上は本当に意味不明過ぎる」との反論も多い。遊郭は、大ヒットドラマ「JIN-仁-」や大河ドラマ「西郷どん」でも描かれていると指摘する声もある。

【『鬼滅 次回作「遊郭編」で炎上騒ぎ…論争「遊郭を子供に」「女性差別」「過剰反応」』】の続きを読む


『「ジャンプ」史上最もかわいいヒロインは? TOP5に並んだ「ガチすぎる」キャラたち』



(出典 research.image.itmedia.co.jp)


日本のコミック誌で最多の発行部数を誇り、これまでに数々の名作を世に送り出してきた『週刊少年ジャンプ』。では、その中で「最もかわいいヒロインは?」と聞かれたら、あなたは誰を思い浮かべますか?

本記事では、ねとらぼTwitterアカウントで募集した「ジャンプ史上最もかわいいヒロイン」の調査結果を発表します(調査対象には『ウルトラジャンプ』『ジャンプSQ.』などの関連誌も含む)。

 全51キャラが推薦された最強ヒロイン候補の中から、今回は複数票が集まった5人のキャラについて見てみましょう。予想以上に往年の作品から選ばれたキャラばかりの、“ガチすぎる”顔ぶれをご覧ください。

●大空ひばり(ストップ!! ひばりくん!)
 まずは『ストップ!! ひばりくん!』の「大空ひばり」。頭脳明晰、スポーツ万能、何でもできる学園のアイドル的存在ですが、彼女の秘密は……そう、“男の娘”。初期の江口寿史作品にみられるスタイリッシュ&ポップな絵柄も相まって、男女ともに彼女に夢中になりました。

●ゆきめ(地獄先生ぬ~べ~)
 続いて『地獄先生ぬ~べ~』から「ゆきめ」。主人公のぬ~べ~に恋心を抱く、16歳の雪女です。人間に恋をしたことで妖怪たちから裏切り者扱いされ、一度は命を落としますが、ぬ~べ~の尽力により復活。あまりのファン人気の高さに、当初は予定になかった「最後に主人公と結ばれるメインヒロイン役」に落ち着いてしまったという逸話もあります。

●天野あい(電影少女)
 『I"s』などで知られる桂正和さんのヒット作『電影少女』からは「天野あい」。ビデオテープから現れた“ビデオガール”で、トラブルの末にクラスメイトとして主人公の洋太のもとにやってきます。洋太を振り向かせることができなければ消えてしまうという儚い運命と、それを受け入れようとする彼女に、たまらない思いをした読者は多いはず。

●出雲風子(アンデッドアンラック)
 ここまで懐かしの作品ばかりが並びましたが、ついに現在連載中の作品が出てきました。『アンデッドアンラック』から「出雲風子」です。触れた相手に不運をもたらしてしまうという異能から、人と深く関われずにいた風子ですが、“不死”の異能を持つアンディと出会ったことで人生が一変。相手にすぐにドキドキしてしまう“チョロさ”もかわいいと評判です。

●鮎川まどか(きまぐれオレンジ☆ロード)
 そして「最もかわいいジャンプヒロインは?」の問いに一番多く挙げられたのは、『きまぐれオレンジ☆ロード』の「鮎川まどか」でした! 気まぐれでミステリアスな雰囲気と、裏に隠された素直で純情な顔の両面を合わせ持つまどかは、時が経っても最高のヒロイン。アニメで声優を担当した鶴ひろみさん、原作者であるまつもと泉さんがともに近年亡くなったことで、まどかに思いを馳せるファンも多く見られました。

【『「ジャンプ」史上最もかわいいヒロインは? TOP5に並んだ「ガチすぎる」キャラたち』】の続きを読む


『『鬼滅の刃』は『ジャンプ』史上最も稼いだマンガではない! 売り上げ1兆円作品とは』



(出典 livedoor.blogimg.jp)


これまで『千と千尋の神隠し』が持っていた日本映画界の歴代興行収入記録316億円を、いともあっさりと抜き去った『劇場版 鬼滅の刃』。

ブリ最高傑作が7か月以上をかけてようやく到達した地点を、公開からわずか2か月半で駆け抜けてしまったというのだから恐れ入る。

1月19日時点で、興行収入は362億円にもなりました。動員数も2600万人を突破。
関連グッズはもちろん、缶コーヒーにチョコ菓子、ガムといった『鬼滅』ブームに乗っかったコラボ商品まで軒並み鬼のような売れ行きを記録。こうした『鬼滅』経済効果は、2700億円にも達するという試算もあるほどだ。

となると、発行元の集英社──『鬼滅』を生んだ『週刊少年ジャンプ』や、原作者・吾峠呼世晴氏の懐にはそうとうな“金”が入ったに違いない。
「コミックの印税だけで50億円とも60億円とも言われていますからね。『ジャンプ』側にだって、どんなに少なく見積もっても500億円以上の収入はもたらしているはず。

ところが! こんな歴史的メガヒットの『鬼滅』ですら、“『ジャンプ』史上最も金を稼いだマンガではない”という驚きの情報をキャッチ! 『鬼滅』をもってしても超えられない作品なんてあるの!?
「稼ぎだけでいえば、『鬼滅』はその作品に遠く及んでいないですね。続編映画が公開されても、超えることは不可能なんじゃないかなぁ……」

「最も稼いだマンガは『遊☆戯☆王』なんです。それも、ぶっちぎりダントツで」

『遊戯王』──'96~'04年まで『ジャンプ』誌上で連載された作品で、主人公とその仲間たちが悪者たちと“カードゲーム”でバトルを繰り広げていく、というSFファンタジーだ。

 たしかにアニメ化も映画化もされた人気マンガではあるが、『遊戯王』のコミックと関連書籍の累計発行部数は4000万部と言われている。『鬼滅』の3分の1、ワンピースに至っては10分の1にも満たない数字で、それが“ぶっちぎりで稼いだマンガ”とは少々……いやだいぶ意外(失礼!)。いったい、なぜ?

各カードキャラクターが持つ特殊能力や魔法、さらには出現条件など細分化されているルールを覚えなければいけないという複雑なゲーム性にもかかわらず、カードを集めるというコレクション性も相まって『遊戯王』ファンのみならず世界中の子どもたちが夢中に。『遊戯王OCG』のようなカードゲームは総じて“トレーディング・カードゲーム(TCG)”と呼ばれるが、このヒットによって一大TCG市場が生み出された。

「11年の時点でカードの累計発行枚数がおよそ252億枚。ギネスに“世界で最も販売枚数の多いトレーディングカードゲーム”として認定されてもいます。20~30代の男性なら必ず一度は買ったり遊んだりしたことがあるはず。連載が終わった今も年間5~7億枚は売れているといいますから、現在の総発行枚数は公表されていませんが、350億枚くらいはいっているんじゃないですかね」(前出・玩具メーカー関係者)

 現在『遊戯王OCG』は1パック5枚入りが150円で販売されている。1枚30円としてザッと計算すると……カード売り上げだけで……いっ……1兆円超え! 『遊戯王』恐るべし……! 

「『ジャンプ』には、軽く1000億円は『遊戯王』関連収入があったなんて話も聞きますし。'05年に集英社が新社屋を建てたんです。当時も“『ジャンプ』御殿”なんて言われてましたけど、集英社内では“『ジャンプ』御殿じゃなくて『遊戯王』御殿だから”と囁かれていましたね」(前出・玩具メーカー関係者)

『遊戯王』の原作者・高橋和希氏にも、さぞやとんでもない対価が支払われているのでは?

「それが、実はそうでもないんです。『遊戯王OCG』でゲーム会社側から高橋先生に支払われる“使用料”は1%にも満たない金額だそうですから。1枚売れて……0.1円とか0.2円とか」(前出・集英社関係者)

 それでもウン十億円ですか──。



【『『鬼滅の刃』は『ジャンプ』史上最も稼いだマンガではない! 売り上げ1兆円作品とは』】の続きを読む


『呪術廻戦ウエハース』先行販売で1月18日に全国のコンビニストアーでスタート



(出典 m.media-amazon.com)


「週刊少年ジャンプ」で連載中の芥見下々さんのマンガが原作のテレビアニメ「呪術廻戦」の
カード付きウエハース『呪術廻戦ウエハース』が1月18日に全国発売。

主人公の虎杖悠仁や五条悟らのキャラクターがデザインさたカードが封入される。
アイマスクを外した素顔の五条のカードもそろえる。
カードは全25種、うち7種は限定描き下ろしイラストをデザインした金色箔押しのスペシャルカードになる。

先行発売を記念し、『呪術廻戦ウエハース』100個が抽選で当たるプレゼントキャンペーンも実施
「バンダイキャンディ」の公式ツイッターをフォローし、該当のツイートをリツイートすると応募出来る
応募締め切りは1月31日

『呪術廻戦ウエハース』は、1月25日に全国量販店の菓子売り場ほかで発売される。

【『呪術廻戦ウエハース』先行販売で1月18日に全国のコンビニストアーでスタート】の続きを読む

このページのトップヘ