競泳


『池江璃花子への五輪辞退要請いまだ海外で波紋 中国「日本人は頭がおかしいのか」』


池江璃花子への五輪辞退要請いまだ海外で波紋 中国「日本人は頭がおかしいのか」
 東京五輪競泳女子代表の池江璃花子(20=ルネサンス)へ、SNSを通じて五輪辞退要請や五輪反対を求めるメッセージが寄せられた問題が、今も海外で波紋を…
(出典:東スポWeb)


東京五輪競泳女子代表の池江璃花子(20=ルネサンス)へ、SNSを通じて五輪辞退要請や五輪反対を求めるメッセージが寄せられた問題が、今も海外で波紋を広げている。

池江が7日夜、ツイッターで五輪辞退要請などについて「私に反対の声を求めても、私は何も変えることができません」「選手個人に当てるのはとても苦しいです」と心境を明かしたことは海外でも大きな反響を呼んだ。中国の「新浪体育」は〝サイバー暴力〟と報道。インドの「スター」、インドネシアの「アンタラ」など、海外各地で非道な仕打ちを伝えた。

 新浪体育は11日、卓球の東京五輪女子団体代表・平野美宇(21=日本生命)が友人である池江と共闘を誓ったことを報じる際、再び池江への攻撃に言及。「日本では、東京五輪開催に対する反対の声が日に日に増えており、五輪の象徴・池江はサイバー暴力を受けた。五輪開催反対派の矛先は、この2000年代生まれの少女に向かっている」と再び非難した。

 池江が難病の白血病を克服し、東京五輪代表を獲得したことは中国でも知られている。中国のネット上では「日本人は頭がおかしいのか」「まったく理解できない」「こんなに頑張る少女をどうして大事に扱わない」と、批判の声が上がっている。

【『池江璃花子への五輪辞退要請いまだ海外で波紋 中国「日本人は頭がおかしいのか」』】の続きを読む


完全復帰だね、日々記録更新『池江璃花子「すごくうれしい」 宣言通りの2冠 100m自由形V』


池江璃花子「すごくうれしい」 宣言通りの2冠 100m自由形V
 東京オリンピックの代表選考を兼ねた競泳の日本選手権第6日は8日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われた。女子100メートル自由形決勝は、白…
(出典:毎日新聞)


東京オリンピックの代表選考を兼ねた競泳の日本選手権第6日は8日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われた。女子100メートル自由形決勝は、白血病で長期療養していた池江璃花子(20)=ルネサンス=が53秒98で3年ぶり3回目の優勝を果たし、100メートルバタフライとの2冠を達成。日本水泳連盟の定める個人種目の派遣標準記録(53秒31)に届かなかったが、400メートルリレーの派遣標準(54秒42)を突破し、メドレーリレーに続いて東京五輪代表入りを決めた。

「決勝は53秒台を出すという目標を立てていたので、達成できてすごくうれしい」。レース後、池江は笑顔で話した。

 7日のレース後、池江は自身の写真投稿アプリ「インスタグラム」を更新し、男子100メートル自由形を制して代表入りを決めた中村克(イトマン東進)とのツーショットとともに、決意をこう記した。

 「明日はわたしの番!!!」

 その言葉通りの泳ぎだった。

 前日から決勝のイメージを膨らませていた。予選の54秒30こそ、思った以上の記録に驚いたような表情を見せたが、準決勝は後半のみ力を入れる狙い通りのレース運び。「自分のやりたいレースができた。(決勝は)前半を少し上げて、後半は自信があるので、思い切り上げて泳ぎたいと思う」。日本記録(52秒79)を持つ自身を含め、国内では2人しかいない53秒台を視野に入れて臨んだ。

 4日に涙の優勝を果たした100メートルバタフライは池江の“本職”と言える。「筋肉量がフリー(自由形)より必要」というバタフライに向けたトレーニングは、100メートル自由形の強化にも生きた。

 西崎勇コーチが「バタフライの体への刺激が、フリーにもつながる」と言えば、2月の東京都オープンで復帰後、初めて100メートルバタフライを泳いだ池江も「100メートルバタフライを経験したから、100メートル自由形に自信がついた」と前向きにとらえていた。

 「先かな、と思っていた」という100メートルで2冠を果たし、9日からは50メートルの2種目に向かう。連戦の疲労が懸念されるが、池江自身の泳ぎができれば、4冠も十分射程圏内だ。「全種目に出て、全力でレースを楽しみたい」。3年ぶりに戻ってきた池江の日本選手権は、盛大なストーリーとなる可能性が出てきた。【倉沢仁志】

【完全復帰だね、日々記録更新『池江璃花子「すごくうれしい」 宣言通りの2冠 100m自由形V』】の続きを読む


『池江璃花子 復帰後初の表彰台!東京五輪会場で好タイム2位「次はバシッと決めたい」』


池江璃花子 復帰後初の表彰台!東京五輪会場で好タイム2位「次はバシッと決めたい」
…アクアティクスセンターで最終日が行われた。白血病からの完全復活を目指す池江璃花子(20=ルネサンス)は女子50メートル自由形で24秒91で2位となり、…
(出典:スポニチアネックス)


◇競泳ジャパン・オープン最終日(2021年2月7日 東京アクアティクスセンター)

競泳ジャパン・オープンは7日、東京アクアティクスセンターで最終日が行われた。白血病からの完全復活を目指す池江璃花子(20=ルネサンス)は女子50メートル自由形で24秒91で2位となり、復帰後4戦目で初めて表彰台に上がった。優勝は自己ベストの24秒75をマークした大本里佳(23=ANAイトマン)。

 4コースからスタートした池江は序盤、先頭から遅れを取ったが、後半に追い上げて復帰後最速の24秒91の2着でフィニッシュ。レース後「次はバシッと決められるようなレースをしたい」と語った。東京五輪・パラリンピックの水泳会場となる東京アクアティクスセンターでは、昨年10月24日の完成披露式典のデモンストレーション、200メートルメドレーリレーで最後の自由形を泳いだが、実際にレースをするのは今大会が初めてだったが見事に結果を出した。この日午前の予選は1位で通過していた。

 前戦の北島康介杯(1月23日、東京辰巳国際水泳場)では100メートル自由形に出場し、55秒35で4位。東京五輪代表選考会を兼ねた4月の日本選手権(3~7日、東京アクアティクスセンター)の参加標準記録(56秒53)を突破、今大会に臨んでいた。

 昨年8月の実戦復帰後、今大会を含め自由形のみに出場しているが、2週間後の東京都オープン(20、21日、東京辰巳国際水泳場)では、ついに“本職”のバタフライを解禁、日本記録を持つ50メートル、100メートルにエントリーしている。特に56秒08の記録を持つ100メートルは最も得意としてきた種目。バタフライは4泳法の中でも筋力、体力が必要とされるが、慎重に段階を踏んで練習を積み重ねてきている。

【『池江璃花子 復帰後初の表彰台!東京五輪会場で好タイム2位「次はバシッと決めたい」』】の続きを読む


『池江璃花子が50M自由形予選を圧巻トップ通過 復帰後最速の25秒06』


池江璃花子が50M自由形予選を圧巻トップ通過 復帰後最速の25秒06
…◆競泳 ジャパンオープン 最終日(7日、東京アクアティクスセンター)  女子50メートル自由形予選に池江璃花子(20)=ルネサンス=が出場し、25秒…
(出典:スポーツ報知)


◆競泳 ジャパンオープン 最終日(7日、東京アクアティクスセンター)

 女子50メートル自由形予選に池江璃花子(20)=ルネサンス=が出場し、25秒06の全体1位で午後の決勝へと進んだ。2位の大本里佳(ANAイトマン)に0秒17差をつけた。

 昨夏に白血病を克服して復帰を果たした池江は、これが4度目の実戦となる。50メートル自由形は、復帰戦となった昨年8月29日の東京都特別水泳で26秒32、10月1日の日本学生選手権では25秒62をマーク。着実に力が戻っていることを印象づけている。

【『池江璃花子が50M自由形予選を圧巻トップ通過 復帰後最速の25秒06』】の続きを読む


『瀬戸大也』「ヘロヘロ」萩野公介に5秒以上遅れ最下位


瀬戸大也「ヘロヘロ」萩野公介に5秒以上遅れ最下位
…◇東京アクアティクスセンター 女性問題による2カ月半の活動停止が明けた瀬戸大也(26=TEAM DAIYA)が、水泳の厳しさを思い知った。200メート…
(出典:日刊スポーツ)


<競泳:ジャパン・オープン>◇第3日◇6日◇東京アクアティクスセンター

女性問題による2カ月半の活動停止が明けた瀬戸大也(26=TEAM DAIYA)が、水泳の厳しさを思い知った。200メートルバタフライで3位、200メートル個人メドレーは最下位。4日の400メートル個人メドレーに続く2冠目はならず。1日2種目は甘くなかったが、試合数の少なさを考慮して、予選から飛ばす姿勢は貫いた。出直しの大会を終えて、いよいよ東京オリンピックに向けて再スタートを切る。

現実は甘くなかった。200メートルバタフライ決勝。瀬戸は「飛び込んだ瞬間に体が重かった」。スピードが上がらずに1分56秒32の3位。19分後の200メートル個人メドレー決勝も2分3秒89で最下位の8位。優勝したライバル萩野に5秒以上も遅れた。萩野とグータッチはしたが「優勝を視野に泳いだけど、まだまだ練習不足。ただヘロヘロで泳ぎ切っただけです」。18年2月のコナミオープンでも同種目は全体14位の予選落ち。3年ぶりの屈辱的なレースにも、潔く敗北を認めた。

ただ負けたわけではない。この日は1日2種目の予選&決勝で200メートル×4本。瀬戸の技術なら余力を残して決勝に残れるが「試合数が少ないので、予選を流したくなかった。省エネで残った方が決勝で戦えるが。(その方法は)世界大会で予選落ちや準決勝落ちもありえる」。予選は2種目ともに全体のトップで通過して、決勝で壮絶に散った。実戦不足は、活動停止の影響だが「それは自分がやったことの結果なのでしかたない」と言った。

この日は優佳夫人から電話で「今日も頑張ってね」と送り出されて会場に入った。「ありがたい存在」と感謝しているだけに「今日は正直、その言葉に応えられなかった」と悔やんだ。一方で復帰戦でしっかりと収穫を得た。「水の感覚は衰えてない。持久力と耐乳酸トレーニング。シンプルにそこだけ。それをやれば一気にタイムも上がって日本記録も目指せるようになる。ここから再スタートだと思って頑張りたい」と復活を目指す。

【『瀬戸大也』「ヘロヘロ」萩野公介に5秒以上遅れ最下位】の続きを読む

このページのトップヘ