東京五輪


流石日本、あれだけ批判あってもボランティア2倍採用『五輪スポーツ医に定員2倍近くの応募 全員採用へ』


五輪スポーツ医に定員2倍近くの応募 全員採用へ
 東京大会のスポーツドクターに定員の2倍の応募があったことが分かりました。  組織委員会によりますと、東京オリンピック・パラリンピックでスポーツドク…
(出典:テレビ朝日系(ANN))


東京大会のスポーツドクターに定員の2倍の応募があったことが分かりました。

 組織委員会によりますと、東京オリンピック・パラリンピックでスポーツドクター200人を募集したところ、395人の応募がありました。

 組織委員会は、大会期間中の熱中症やけがの治療のほか、新型コロナウイルスに感染した疑いがある人の対応をするために、スポーツドクターの協力を求めていました。

 ボランティアとしての活動なので、謝礼は支払われません。

 組織委員会は応募した395人については200人に絞らずに、全員に活動してもらう予定だとしています。

【流石日本、あれだけ批判あってもボランティア2倍採用『五輪スポーツ医に定員2倍近くの応募 全員採用へ』】の続きを読む


6月10日に、国際親善試合『なでしこジャパン、ウクライナ女子代表との対戦が決定…東京五輪に向けて重要な試金石に』


なでしこジャパン、ウクライナ女子代表との対戦が決定…東京五輪に向けて重要な試金石に
 日本サッカー協会(JFA)は17日、6月10日に、国際親善試合でなでしこジャパン(日本女子代表)とウクライナ女子代表が対戦すると発表した。  開会…
(出典:SOCCER KING)


日本サッカー協会(JFA)は17日、6月10日に、国際親善試合でなでしこジャパン(日本女子代表)とウクライナ女子代表が対戦すると発表した。

 開会式に先駆け7月21日からスタートする東京2020オリンピック競技大会の女子サッカー。2位大会連続銅メダルのカナダ、2大会ぶり出場のイギリス、初出場のチリと同組になったなでしこジャパンは強化の一環として10日に広島で国際親善試合を予定していたが、JFAは対戦相手にウクライナ女子代表が決定したと発表した。

 なでしこジャパンとウクライナ女子代表は初対戦。10日の15時15分キックオフを予定している同試合は一部地域を除きフジテレビ系列にて全国生中継される。また、来場者については自治体のイベント方針に従い今後決定され、チケット販売に関する情報は今後決定次第発表される。

【6月10日に、国際親善試合『なでしこジャパン、ウクライナ女子代表との対戦が決定…東京五輪に向けて重要な試金石に』】の続きを読む


延期しないと決めた以上は政府・国民・大会関係者一丸となって迷うことなく進めてほしい


東京五輪「再延期ない」 政府高官
 政府高官は17日、今夏に延期された東京五輪・パラリンピックについて「再延期はない」と述べ、予定通りの開催を目指す考えを重ねて示した。  新型コロナ…
(出典:時事通信)


 政府高官は17日、今夏に延期された東京五輪・パラリンピックについて「再延期はない」と述べ、予定通りの開催を目指す考えを重ねて示した。

新型コロナウイルス対策に万全を期すことで「開催できる環境をつくることができる」と強調した。

 これに関し、加藤勝信官房長官は同日の記者会見で、国際オリンピック委員会(IOC)が既に開催期間を決定済みと指摘した上で、「大会関係者が一丸となって準備に取り組んでいる。政府も連携しながら対応している」と述べた。

【延期しないと決めた以上は政府・国民・大会関係者一丸となって迷うことなく進めてほしい】の続きを読む


今回は誰の責任とかじゃない、選択は難しいけどどこかで早急に表明しないと。


「IOCは今後、オリンピックができなくなる」舛添氏、日本が五輪中止に言及した場合のIOCの対応に注目 「日本に対する支援の輪が広がる」とも
…「仮に菅総理が(五輪中止の)言い出しっぺだとして、お前が言ったんだからお前が金を払えと言ったら、IOCは今後、オリンピックができなくなる」  前東京…
(出典:ABEMA TIMES)


「仮に菅総理が(五輪中止の)言い出しっぺだとして、お前が言ったんだからお前が金を払えと言ったら、IOCは今後、オリンピックができなくなる」

 前東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏が、今後のオリンピックの展望について言及。仮に日本が先に五輪中止に言及した場合のIOCの対応次第では、国際的な批判がIOCに集中。今後、IOCでのオリンピック・パラリンピックの開催が難しくなるという認識を示した。

 現時点での開催は非常に流動的とする舛添氏は「ワシントンポストもニューヨークタイムズもみんな“ぼったくり男爵”と言って批判が出てきている。仮に日本が(五輪中止の)言い出しっぺで、菅さんが言ったりするとして『お前が言ったんだからお前が金払え』と言ったりしたら、むしろIOCは今後、オリンピックができなくなる。そんな勝手な議論をしていいのか。日本に対してものすごい支援の輪が広がるだろう」と述べた。

 さらに舛添氏は、公衆衛生的な問題なども考慮し、現時点で「開催が3割、中止が7割」との認識も示すと「あとは誰がお金を払うか、誰の責任にするか。この数字を見て総理がどうするか。6月にバッハ会長が来るのかどうなのか、来て何をするのか。ものすごいIOCに対する批判が高まる。無観客でもなんでもやった方がいいのだが、アスリートが非常に可哀そうだ」としたうえで「すでに3兆円を注ぎ込んでいる。相当損をしているが、損をしても損切りでいいから止めろと言ったのが、ワシントンポスト。ニューヨークタイムズ(に寄稿した)ボイコフという教授がオリンピック選手だが同じことを言っている」など、そのような考えに至った理由を説明した。

 その一方、開催のカギとしてワクチンを挙げた舛添氏。しかし、ワクチンそのものの供給量が追い付いていないことに加え、ネットや電話での受付における不具合なども重なり、当初「7月いっぱい」と国が示していた接種目安に対して、72歳となる自身のワクチン接種の1回目の予約が最短で8月21日であること。2回目が9月11日以降となることなどを明かしたうえで「私の1回目が7月だったら、2回目はオリンピックにぎりぎり間に合うかどうか。1回目の接種を6月いっぱいに前倒しできるなら(オリンピックは)やれる。できないならアウトだ」との見通しを語った。(ABEMA『ABEMA的ニュースショー』)

【今回は誰の責任とかじゃない、選択は難しいけどどこかで早急に表明しないと。】の続きを読む


机上論的な発言、水面下では問題やまずみだけど!『東京五輪「やるよ」 菅首相』


東京五輪「やるよ」 菅首相
 菅義偉首相は13日、森田健作・前千葉県知事と首相官邸で昼食をともにしながら面会し、夏の東京五輪・パラリンピック開催への決意を重ねて強調した。  面…
(出典:時事通信)


菅義偉首相は13日、森田健作・前千葉県知事と首相官邸で昼食をともにしながら面会し、夏の東京五輪・パラリンピック開催への決意を重ねて強調した。

面会後、森田氏は記者団に「首相に『やるでしょ』と聞いたら、『やるよ』と言っていた。その気だと思う」と説明。実現に向けて新型コロナウイルスのワクチン接種を急ぐ考えも示したという。 

【机上論的な発言、水面下では問題やまずみだけど!『東京五輪「やるよ」 菅首相』】の続きを読む

このページのトップヘ