スケート


『織田信成“モラハラ裁判”に和解報道も、今度はコーチ側が上申「和解なんかしませんよ」』


織田信成“モラハラ裁判”に和解報道も、今度はコーチ側が上申「和解なんかしませんよ」
 3月3日付の『デイリースポーツ』に《織田信成氏裁判、和解へ》の見出しが躍った。  フィギュアスケーターの織田信成がモラハラ行為により精神的苦痛を受…
(出典:週刊女性PRIME)


3月3日付の『デイリースポーツ』に《織田信成氏裁判、和解へ》の見出しが躍った。

 フィギュアスケーターの織田信成がモラハラ行為により精神的苦痛を受けたとして、現役選手として活躍する宮原知子や紀平梨花を育てた濱田美栄コーチを相手取り、1100万円の損害賠償を求めた“モラハラ裁判”。

19年11月18日の提訴から、もうすぐ1年4か月を迎える。

「'17年に関西大学アイススケート部の監督に就任した織田さんですが、濱田コーチに注意したことをキッカケに無視をされたり、陰口を叩かれるように。さらには、練習で学業がおろそかになっている学生のために織田さんが決めた練習時間の変更も、彼に相談なく撤回されるなどの嫌がらせを受けたと主張。一方で、濱田コーチは事実無根として、'20年2月に名誉毀損で330万円の損害賠償を求めて反訴しました」(ワイドショーデスク)

 これにより裁判はドロ沼に。

濱田コーチに電話をかけてみても…
 織田が裁判で提出した答弁書には、濱田コーチの過激な指導内容が記載されていた。

「織田さんが担当する生徒たちからは“濱田コーチは指導する生徒に向かって大声で罵声を浴びせたり、壁や水筒を叩きつけて威嚇する。自分は関係ないとわかっていても、ドキドキした”といった目撃証言だけでなく、コーチが指導する宮原さんのポニーテールの髪をつかんだり、氷の上に叩きつけることもあったというのです。その様子を見て心配した織田さんが宮原さんに声をかけると“もう慣れました”と話したそう。当然、濱田さんはそれらの証言をすべて否定しています」(スポーツ紙記者)

 両者の主張は平行線……と思いきや、突然の和解報道。週刊女性も大阪地裁で裁判記録を閲覧すると、お互いに和解案を検討する旨の記載が確認できた。しかし、2月18日には濱田コーチから、こんな上申書も提出されていた。

「濱田さんが検討している和解案についての文書で“これまでの裁判でモラハラ行為を立証できていないのだから、私が謝罪することはできない。織田さんに提訴され精神的な苦痛を受けたため、逆に私に謝罪する条項を入れてほしい”と主張しています」(同・前)

 濱田コーチに話を聞こうとケータイに電話をすると、

「もしもし。もしも~し」

 と、繰り返すばかり。とぼけているのか、本当に聞こえていないのかは不明だが、しばらくすると一方的に電話が切られた。かけ直してみると一転、留守番電話に……。

 濱田コーチは、昨年4月から民間企業が運営するスケートアカデミーのゼネラルマネージャーにも就任。その関係者が裁判の内情を明かす。

「和解なんかしませんよ。織田さんの主張は根拠もないし、向こうの勘違いでしかない。生徒に訴えられるならわかるけど、一緒に指導している人に無視されたと、大の大人が泣いて会見って……どうかと思いますよ。こんな裁判で織田さんに勝ち目はないでしょ」

 織田の代理人弁護士は、「裁判中なのでノーコメント」とのこと。いまだ解氷の兆しすら見えない。

【『織田信成“モラハラ裁判”に和解報道も、今度はコーチ側が上申「和解なんかしませんよ」』】の続きを読む


『ザギトワ、黒タンクトップ姿で“キモ撮り”ショットを披露「美しい」「キュート」』


ザギトワ、黒タンクトップ姿で“キモ撮り”ショットを披露「美しい」「キュート」
 フィギュアスケート女子で18年平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア、18)が2日、自身のインスタグラムを更新し、“キモ撮り”ショットを披露…
(出典:スポーツ報知)


フィギュアスケート女子で18年平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア、18)が2日、自身のインスタグラムを更新し、“キモ撮り”ショットを披露した。

 昨年の秋から大学に進学し、世界選手権(ストックホルム)代表選考を兼ねて2月28日まで行われたロシアカップ・ファイナルには出場しなかったザギトワ。この日は「@pumarussia」と記し、黒のタンクトップ姿でスニーカーを見せた“キモ撮り”ポーズの写真を投稿した。

 コメント欄には「とても美しい」「キュート」「ザギトワちゃん可愛い」「カッコイイ~」などの声が寄せられている

【『ザギトワ、黒タンクトップ姿で“キモ撮り”ショットを披露「美しい」「キュート」』】の続きを読む


『浅田真央30歳、夢は古民家生活 クマ退治できる人と?』


浅田真央30歳、夢は古民家生活 クマ退治できる人と?
 もう30歳、まだ30歳?  30歳になった、フィギュアスケーターの浅田真央(まお)に、そんな質問をする機会があった。  「その質問ですね――。『ま…
(出典:朝日新聞デジタル)


もう30歳、まだ30歳?

 30歳になった、フィギュアスケーターの浅田真央(まお)に、そんな質問をする機会があった。

 「その質問ですね――。『まだ30歳』です。これからが新しいスタートです」

 初めて取材したとき、彼女はまだ15歳。だから、今も私は浅田のことを、「まおちゃん」と呼んでしまう。そのことも聞いてみたら、笑って答えてくれた。

 「うれしいですよ。30になっても『まおちゃん』って呼んでもらえるなんて」

 今は自らが座長を務めるアイスショー「サンクスツアー」で全国を回ったり、テレビなど様々なメディアに出演したり――。現役引退から約4年経つが、華やかで幅広い活動を続けている。

 30歳の節目を迎え、夢を一つ教えてくれた。

 「田舎生活をしようと思います」

 古民家を探しに行く、という本気度。この10年もの間、温めてきたプランだという。

 「20歳ぐらいの時から無農薬のお野菜や採れたてのお野菜をいただく機会が増えて、少し興味を持ちました。引退してからも、けっこう田舎に行って、緑はきれいだなとか、森に入ったらすごい癒やされるな、と。そこからですね」

 「自分でお野菜を作ったり、お米や調味料を作ったりできたら、それが一番のぜいたくじゃないかなと思っています。今の時代、ずっと仕事で都内にいる必要もないですし、自分の古民家と行ったり来たりしようかなと思います」

 どんな生活なんだろう。

 「ね、本当に。古民家を買ったはいいけど、一人で住むっていうのは危ないと思いますよ。ほんとほんと、熊を退治してくれるような男性がいないと」

 「こういうことを軽はずみにメディアの人に言うと、本当にニュースになっていろんな人からいろんなことを言われるんで、控えるようにしているんですよ。ですけども、最終的には、やっぱり一緒にいて、楽しいなとか、合う人がいいです。中身のちゃんとした人がいいなと思って。自分といろんなことがしっくり来るような、一緒にいて楽しい人がいいですね」

【『浅田真央30歳、夢は古民家生活 クマ退治できる人と?』】の続きを読む


『村主章枝さん、大自然を背にふっくらデコルテを披露「目のやり場に困る」「谷間綺麗」』


村主章枝さん、大自然を背にふっくらデコルテを披露「目のやり場に困る」「谷間綺麗」
 フィギュアスケート女子でトリノ五輪4位の村主章枝さん(40)が22日、自身のインスタグラムを更新し、美しいデコルテを披露した。  村主さんは「I …
(出典:スポーツ報知)


フィギュアスケート女子でトリノ五輪4位の村主章枝さん(40)が22日、自身のインスタグラムを更新し、美しいデコルテを披露した。

 村主さんは「I could see the river on my way to Scottsdale.スコッツデールに行く途中、素敵な景色が見られました」と報告。川のある風景をバックに、胸元の開いた服でほほ笑むショットを掲載した。

 フォロワーからは「景色も章枝さんもめちゃくちゃ素敵」「景色より目のやり場に困る一枚です」「格好良くてセクシー」「谷間綺麗」などの声が寄せられている。

【『村主章枝さん、大自然を背にふっくらデコルテを披露「目のやり場に困る」「谷間綺麗」』】の続きを読む



(出典 static.chunichi.co.jp)


フィギュアスケートの全日本選手権は26日、男子フリーが行われ
ショートプログラム首位だった五輪連覇王者・が合計319.36点をマーク
新プログラム「天と地」を演じ、5年ぶり5度目の優勝を果たした。

1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/26(土) 14:53:48.02 ID:CAP_USER9.net BE:684360985-2BP(0)


(出典 img.5ch.net)

12/26(土) 11:40
日刊ゲンダイDIGITAL

羽生結弦がコーチ不在で初セルフ演目…世界王者奪還のカギはコレオグラファー能力
新演目を初披露した羽生(代表撮影)
 フィギュアスケートの全日本選手権(長野・ビッグハット)が25日に開幕。男女のショートプログラム(SP)が行われ、男子は羽生結弦(26)が103・53点をマークし、国内のライバル宇野昌磨(23)らを抑えて首位に立った。

 羽生は今年2月の四大陸選手権(ソウル)以来、約10カ月ぶりの実戦で、新演目の「レット・ミー・エンターテイン・ユー」を披露。冒頭の4回転サルコーを決めると、続く4回転トーループ―3回転トーループ、最後にはトリプルアクセル(3回転半)と立て続けに成功してみせた。

 コロナ禍に見舞われた今年は、カナダ政府による入国制限から、練習拠点であるトロントの地を踏めなかった。師と仰ぐブライアン・オーサー氏をはじめとするコーチ陣による直接指導もかなわず、日本での単独練習を強いられた。今大会はコーチ不在のため、SP、フリーの「天と地と」の2つの新演目とも「ほぼ全部、自分で決めたと言っても過言ではない」と、独自の振り付けで臨んだことを明かした。

 カナダへの入国規制が続けば、オーサー氏の指導を受けるのは不可能だ。今年のようにオンラインで、コーチの助言を受けながらの難しい調整を強いられかねない。当然、演技構成は使用する楽曲に合わせて自分で完成させなければならず、「コレオグラファー(振付師)」としての能力も求められる。

 羽生同様、個人練習をこなしたライバルのネイサン・チェン(21=米国)は今年10月のGPシリーズ米国杯にオリジナルの演目で臨み、大会4連覇を達成。演技構成点の5項目のうち、振り付けなどを判断する3項目で、いずれも高い評価を得た。

 来年3月の世界選手権(ストックホルム)では羽生とチェンの一騎打ちが予想される。前回大会でライバルの後塵を拝している羽生の王座奪還は、振り付けの完成度にもかかっている。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/6edfdaf7106cb2375998463df8765344ec37bc14


【羽生結弦が5年ぶり5度目の日本一、世界選手権代表も当選】の続きを読む

このページのトップヘ