マラソン


1都3県自粛のため欠場『春の「高校駅伝」春の高校駅伝女子は大阪薫英女学院が優勝』


春の「高校駅伝」女子は大阪薫英女学院が優勝
…◆春の高校伊那駅伝女子(21日、長野・伊那市陸上競技場発着=5区間21・0975キロ)  1、2年生が参加し、春の高校駅伝日本一決定戦と位置づけられ…
(出典:スポーツ報知)


春の高校伊那駅伝女子(21日、長野・伊那市陸上競技場発着=5区間21・0975キロ)

 1、2年生が参加し、春の高校駅伝日本一決定戦と位置づけられる大会で、大阪薫英女学院(大阪)が1時間11分52秒で4大会、5年ぶりに優勝した。最終5区(3・5975キロ)で、首位の北九州市立(福岡)と28秒差の2位でタスキを受けた石黒碧海(1年)が大逆転。笑顔でゴールに飛び込んだ。

北九州市立は24秒差で2位。3位は立命館宇治(京都)。4位に地元、長野の長野東が続いた。

 3区まで首位を走っていた仙台育英(宮城)は4区の選手が故障のため、途中棄権した。

 主催者は緊急事態宣言が21日まで延長された首都圏の1都3県の高校に出場自粛を要請。東京、埼玉、千葉、神奈川の高校を除く全国のほとんどの有力校が参加した。

 昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止され、2年ぶりに開催。大雨の中、選手は懸命にタスキをつないだ。

 6区間42・195キロで争われる男子は午後零時10分スタートで行われる。

【1都3県自粛のため欠場『春の「高校駅伝」女子は大阪薫英女学院が優勝』】の続きを読む


1都3県の高校自粛のため欠場『春の「高校駅伝」男子は洛南が初優勝 V貢献の4区区間賞・佐藤圭汰に箱根駅伝上位校のスカウト陣が熱視線』


春の「高校駅伝」男子は洛南が初優勝 V貢献の4区区間賞・佐藤圭汰に箱根駅伝上位校のスカウト陣が熱視線
…◆陸上 ▽春の高校伊那駅伝男子(21日、長野・伊那市陸上競技場発着=6区間42・195キロ))  1、2年生が参加し、春の高校駅伝日本一決定戦と位置…
(出典:スポーツ報知)


◆陸上 ▽春の高校伊那駅伝男子(21日、長野・伊那市陸上競技場発着=6区間42・195キロ))

 1、2年生が参加し、春の高校駅伝日本一決定戦と位置づけられる大会で、洛南(京都)が2時間7分38秒の大会新記録で初優勝した。3区終了時点で首位の学法石川(福島)と32秒差の2位でタスキを受けた佐藤圭汰(2年)がエース区間の最長4区(9・1キロ)で日本人最高記録を更新する25分31秒の区間賞で先頭に立ち、そのまま逃げ切った。2位は学法石川、3位は世羅(広島)だった。

 洛南のエース佐藤圭汰は2年生ながら5000メートル13分53秒36の自己ベストを持つ。昨年の全国高校駅伝3区でも日本人トップの区間5位と快走し、2時間2分7秒の日本高校最高記録(外国人選手を含まない最高記録)で3位入賞に貢献した。

 この日は雨の中、9・1キロを25分31秒で走破し、区間2位に47秒の大差をつけた。下り基調であるが、同じペースで残り0・9キロを走った場合の10キロ換算は驚異的な28分3秒となる。新3年生世代NO1の佐藤の走りをチェックするために、駒大、創価大、東洋大、青学大、東海大など今年の箱根駅伝上位校をはじめ、多くの大学の監督、コーチ陣が集結した。強豪校のスカウトは「今季、5000メートルと1万メートルの日本高校記録(5000メートル13分34秒74・石田洸介=群馬・東農大二高=、1万メートル(28分7秒39・佐藤悠基=長野・佐久長聖)を更新する可能性もありますね」と、その潜在能力を高く評価した。

 主催者は緊急事態宣言が21日まで延長された首都圏の1都3県の高校に出場自粛を要請。東京、埼玉、千葉、神奈川の高校を除く全国のほとんどの有力校が参加した。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止され、2年ぶりに開催。大雨の中、熱戦が繰り広げられた。

 5区間21・0975キロで争われた女子は大阪薫英女学院(大阪)が1時間11分52秒で4大会、5年ぶりに優勝した。

【1都3県の高校自粛のため欠場『春の「高校駅伝」男子は洛南が初優勝 V貢献の4区区間賞・佐藤圭汰に箱根駅伝上位校のスカウト陣が熱視線』】の続きを読む

S__80207880
第1回全国招待大学対校男女混合駅伝は3月21日、大阪・長居公園内の特設コースで6区間20kmで行われ、順大が1時間1分53秒で制し、初代優勝チームとなった。

各区間は次の通り。1区→男子3km、2区→女子2km、3区→男子5km、4区→女子3km、5区→男子2km、6区→女子5km

順大は4位でタスキを受けた3区の伊豫田達弥が一気に首位を奪うと、そのまま独走して逃げ切った。2位は京産大、3位は日体大だった。

大会には17チームが出場。東洋大、東海大、関学大は欠場した。

■上位成績
優勝 順大1時間1分53秒
2位 京産大1時間2分28秒
3位 日体大1時間2分43秒


『クイーンズ駅伝』JP日本郵便Gが2年連続3度目V



(出典 www.rikujyokyogi.co.jp)


11月22日 宮城県 全日本実業団対抗女子駅伝

実業団の駅伝ナンバーワンを決める全日本実業団対抗駅伝(クィーンズ駅伝)
6区間42.195km JP日本郵便Gが2時間13分34秒 大会新記録 2年連続3回目の優勝

日本郵政Gは5区で東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子が55秒差を逆転しトップで6区につなぐ快走

1位 JP日本郵便G
2位 積水化学
3位 豊田自動織機

【『クイーンズ駅伝』JP日本郵便Gが2年連続3度目V】の続きを読む

このページのトップヘ