国外


綺麗ですね!『ザギトワ選手、出演映画公開前に秋田へ…愛犬「マサル」のきょうだい犬と対面も』


ザギトワ選手、出演映画公開前に秋田へ…愛犬「マサル」のきょうだい犬と対面も
 平昌(ピョンチャン)五輪フィギュアスケート女子金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手(18)(ロシア)が、日露合作映画「ハチとパルマの物語」が28日…
(出典:読売新聞オンライン)


平昌(ピョンチャン)五輪フィギュアスケート女子金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手(18)(ロシア)が、日露合作映画「ハチとパルマの物語」が28日から全国公開されるのを前に、映画のロケ地となった秋田県大館市を訪れることになった。

映画はロシアの空港で飼い主を待ち続けた犬の実話を描いた作品で、ザギトワ選手も出演した。23日に同市で行われる先行上映会(市民対象)で舞台あいさつするほか、公益社団法人・秋田犬保存会(大館市)が贈呈した愛犬「マサル」のきょうだい犬「勝大」との対面も予定されている。

 同市と映画の制作会社がザギトワ選手を招待する。滞在中は新型コロナウイルス感染防止のため、市民との交流は行わない。市の担当者は「ザギトワ選手は日本が大好きで、私たちの熱意に応えてくれた」と喜んでいる。

【綺麗ですね!『ザギトワ選手、出演映画公開前に秋田へ…愛犬「マサル」のきょうだい犬と対面も』】の続きを読む


台湾行動早いのは認めるけど突然都市封鎖は混乱を招きますよ。『台湾で感染者急増 買い占めなど混乱も』


台湾で感染者急増 買い占めなど混乱も
…新型コロナウイルスの感染を抑え込んでいた台湾で感染者が急増し、一部の地域では日用品の買い占めなど混乱が起きています。 台湾の衛生当局は15日新たに1…
(出典:日本テレビ系(NNN))


新型コロナウイルスの感染を抑え込んでいた台湾で感染者が急増し、一部の地域では日用品の買い占めなど混乱が起きています。

台湾の衛生当局は15日新たに180人の感染が確認されたと発表しました。前日にも29人の感染が確認されていて、1日あたりの感染者数としては過去最多を2日連続で更新し、急激に増加しています。

当局は、台北市などで警戒レベルを引き上げ、外出時のマスク着用を義務づけたほか、屋内で集まれる人数を5人までに制限しました。

台湾はこれまで感染の抑え込みに成功していたことから、急速な感染拡大に不安が広がっていて、都市封鎖に備えてトイレットペーパーや消毒液など、日用品を買い占める動きが出ています。

またワクチン接種の予約が殺到していて、13日には1日の接種者がこれまでで最も多い2万1000人に達しました。

【台湾行動早いのは認めるけど突然都市封鎖は混乱を招きますよ。『台湾で感染者急増 買い占めなど混乱も』】の続きを読む


行ってみたいですね。『BTS所属事務所がファン向けの展示スペース「HYBE INSIGHT」をオープン 内部の映像を公開』


BTS所属事務所がファン向けの展示スペース「HYBE INSIGHT」をオープン 内部の映像を公開
…4日、ソウル市内の新社屋にファン向けの展示スペース「HYBE INSIGHT」をオープンしました。BTSをはじめとする所属アーティストが関わった「音楽…
(出典:日本テレビ系(NNN))


BTSの所属事務所「HYBE」は14日、ソウル市内の新社屋にファン向けの展示スペース「HYBE INSIGHT」をオープンしました。BTSをはじめとする所属アーティストが関わった「音楽や作品を五感で体験できる空間」だということです。

事前にインターネットで22000ウォン(約2100円)の入場予約券の購入が必要で、入場できる人数も1日1000人に限られています。オープン初日の14日、韓国人のファンだけでなく韓国に住む日本人を含む外国人の姿も見られました。

BTSを擁する「HYBE」は、今年3月に「Big Hit Entertainment」から社名変更し、社屋を江南(カンナム)から龍山(ヨンサン)に移転。地上19階、地下7階の新築ビル1棟を丸ごと借り上げていて、韓国メディアによりますと年間賃料は約250億ウォン(約24億円)にのぼるといいます。

この新たな事務所の社屋周辺には、訪れるBTSファンを狙って新しいカフェなども続々とオープンしていて、街の姿も変わりつつあります。

【行ってみたいですね。『BTS所属事務所がファン向けの展示スペース「HYBE INSIGHT」をオープン 内部の映像を公開』】の続きを読む


いくつになってもきれいですね。タイタニックはもう10回は観ました。『『タイタニック』から24年…ローズ役ケイト・ウィンスレットの現在』


『タイタニック』から24年…ローズ役ケイト・ウィンスレットの現在
 「金曜ロードショー」(日本テレビ系)では視聴者リクエスト企画として今夜、映画『タイタニック』の後編が放送される。1997年の公開から今年で24年と…
(出典:シネマトゥデイ)


 「金曜ロードショー」(日本テレビ系)では視聴者リクエスト企画として今夜、映画『タイタニック』の後編が放送される。1997年の公開から今年で24年となるが、ローズ役のケイト・ウィンスレット(45)の現在とは?

同作で一躍スターダムにのし上がったケイトだが、その呪縛もまた大きかった。太っているなどとメディアから体形のことを書き立てられるようになり、今年1月に出演したポッドキャスト番組「WTF with Marc Maron」では「イジメのようだった」と当時の苦悩を語っている。『タイタニック』の公開時は22歳という若さであり、「たくさんのハリウッド大作をやる準備はまだ全然できていないし、失敗したくない。この仕事を長いことやっていきたいから」という彼女は、戦略的に小規模な作品を選んで出演するようにし、映画や演技についてより深く学ぶとともにプライバシーも取り戻していった。

 そうしてケイトは『タイタニック』後も、『アイリス』(2001)、『エターナル・サンシャイン』(2004)、『リトル・チルドレン』(2006)、『愛を読むひと』(2008)、『スティーブ・ジョブズ』(2015)でアカデミー賞にノミネートされ、『愛を読むひと』では見事オスカーを手にするなど押しも押されもせぬ演技派女優に。2021年日本公開の出演作には、シアーシャ・ローナンとラブストーリーを演じた『アンモナイトの目覚め』(4月より全国順次公開中)や、『ノッティングヒルの恋人』のロジャー・ミッシェル監督がメガホンを取った人間ドラマ『ブラックバード 家族が家族であるうちに』(6月11日公開)があり、素晴らしいキャリアを築き上げている。

 プライベートでは、『グッバイ・モロッコ』の助監督ジム・スレアプレトン(1998年~2001年)、『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』のサム・メンデス監督(2003年~2010年)と結婚生活を送り、2012年にヴァージン・グループの創設者リチャード・ブランソンの甥であるネッド・ロックンロールと3度目の結婚をしている。それぞれの結婚で1人ずつ、計3人の子供に恵まれた。

『タイタニック』についてはセリーヌ・ディオンの主題歌を聴くと「吐きそうになる」とぶちまけたこともあるケイトだが、歳月を経て新たな見方ができるようになったという。公開20周年の際には、イギリスの朝の番組「Lorraine」に出演し、「今になって『タイタニック』ですてきだと思うのは、わたしの子供たちや彼らのお友達が劇中のセリフを暗唱したりすることなのよ! わたし自身、長いこと忘れていたのに! だからわたしは『オーマイゴッド、それ本当にわたしが言ったセリフ?』って。そうすると子供たちは『それからジャックがこうして、ローズがこうする』とかって言うの。彼らはこの映画が作られた時、生まれてすらいなかったのにね」とコメント。「新たな世代の子供たちが『タイタニック』を初めて観て、楽しんで気に入ってくれている。(世代を超えて愛される)『メリー・ポピンズ』みたいなものだと思うことにしているわ」とほほ笑んでいた。

【いくつになってもきれいですね。タイタニックはもう10回は観ました。『『タイタニック』から24年…ローズ役ケイト・ウィンスレットの現在』】の続きを読む


『エミリー・ブラント、映画『アイアンマン2』ブラック・ウィドウ役を断った理由を語る』


エミリー・ブラント、映画『アイアンマン2』ブラック・ウィドウ役を断った理由を語る
…今週、テレビ番組「ハワード・スターン・ショー」のインタビューに答えたエミリー・ブラント。実は彼女は2010年の映画『アイアンマン2』でブラック・ウィ…
(出典:ELLE DIGITAL)


今週、テレビ番組「ハワード・スターン・ショー」のインタビューに答えたエミリー・ブラント。実は彼女は2010年の映画『アイアンマン2』でブラック・ウィドウ役をオファーされていた。でもエミリーは断り、結局スカーレット・ヨハンソンが演じることになった。

エミリーがブラック・ウィドウ役を蹴ったことに理由についてはさまざまな憶測が飛び交ってきた。その1つが同じ2010年の映画『ガリバー旅行記』に出演したかったからというもの。ハワード・スターンに「『ガリバー旅行記』で忙しかったから出演しなかったの?」と聞かれるとエミリーは「いいえ、違う。きちんと説明したい」。「私は『ガリバー旅行記』の出演契約を結んでいたの。やりたくなかったのだけど」。すでに契約してしまっていたから、スケジュールが重なる『アイアンマン2』は断らざるを得なかったと語った。「私にとっては悲しくて胸が張り裂けるような思い出。私は自分の決断にプライドを持っているし、出演する映画は私にとって大きな意味を持っているから。とてもつらいことだった」。

ちなみにエミリーには最近、マーベル映画『ファンタスティック・フォー』のリブート版でインヴィジブル・ウーマン役をオファーされているという噂が流れている。でもエミリーは「スーパーヒーロー映画は私に合っていないと思う」と否定。『アイアンマン2』に出演したかったのは「『アイアンマン』が好きでロバート・ダウニー・Jr.と共演したかった」からだと語る。「(『アイアンマン2』に出演したら)素晴らしい経験になったはず。でもスーパーヒーロー役が私に適してるとは思わない。疲れ果てていたのではないかな。それにスーパーヒーローものが多すぎる。映画だけでなくテレビ番組も無限にあるし」。

とはいえスーパーヒーロー役を演じる可能性がまったくないわけではないもよう。エミリー曰く「本当にクールな役であれば将来演じるかも」。彼女を魅了するキャラクターが出てくるのを楽しみにしたい。

【『エミリー・ブラント、映画『アイアンマン2』ブラック・ウィドウ役を断った理由を語る』】の続きを読む

このページのトップヘ