野球


今後の小園海斗選手に期待『人気インフルエンサー・渡辺リサが転売で観戦チケット購入 ネット上に擁護の声〈dot.〉』


人気インフルエンサー・渡辺リサが転売で観戦チケット購入 ネット上に擁護の声〈dot.〉
 人気インフルエンサーの渡辺リサが転売で野球の観戦チケットを購入したことを巡り、大きな反響を呼んでいる。
(出典:AERA dot.)


人気インフルエンサーの渡辺リサが転売で野球の観戦チケットを購入したことを巡り、大きな反響を呼んでいる。

「広島の小園海斗選手が20歳の若さで1月下旬に結婚を発表した時に、球団は相手を公表しませんでしたが、相手は渡辺リサではないかと週刊誌に報じられました。今回、問題になったのは都合が悪くなって球場観戦に行けなくなった人から渡辺さんが観戦チケットを定価で譲ってもらったことです。営利目的は全くないようなので、同情するべき点はありますが…」(広島のテレビ局関係者)。

 日本野球機構によると、試合観戦契約約款の第4条(転売等の禁止)で、「何人も第三者に対し、主催者の許可を得ることなく、入場券を転売(インターネットオークションを通じての転売を含む)その他の方法で取得させてはならない。但し、家族、友人、取引先、その他これらに類する特定の関係に基づき、営利を目的とせず、かつ、業として行われない場合については、この限りでない」と明記されている。

 批判を受けた渡辺は自身のツイッターで、「面白いと思ってツイートしたりDMしてきたりしてるのかもしれないんだけど、私今毎日がいっぱいいっぱいなんで前みたいにスルー出来ない…せめて妊婦の間だけは勘弁してくれないすか それか私の事ブロックして欲しいです!私がすればいいか」「都合悪くなって行けなくなった人から定価で譲ってもらう事もダメな事は知らなかったです 気悪くされた方申し訳ない ただ自分で買ったチケットです。ここが言いたかった」と謝罪した上で、チケットは自ら購入したと釈明した。

 こうした渡辺の言動について、ネット上には批判の声が集まった。だが渡辺を擁護する声も少なくないのだ。「行けなくなった知り合いから定価で譲り受けるはOKじゃないの?非営利だよね」、「ニュース見てきましたが、営利目的を除くってことは定価で譲ってもらったのなら、それは営利目的じゃないのでは?譲った人は一銭も儲けてないわけだし」などの意見がみられた。

渡辺は雑誌・ポップティーンのモデルを務めるなど、高校生の頃からインフルエンサーとして活躍。「TikTok」のフォロワー数は120万人を誇るなど影響力の高い人物だ。今年1月には、自身のInstagramを更新し、相手は未公表ながらも入籍したことを報告していた。

 その渡辺と親しい間柄だとみられる小園は、ドラフト1位で広島に入団し、将来の主力として期待された選手だったが、昨年は3試合出場のみと伸び悩んだ。今季はウエスタン・リーグで18試合出場し、打率.300、1本塁打、4打点。好調な打撃を買われ、きょう22日に1軍初昇格した。グラウンド外で思わぬ騒動となったが、チームの起爆剤となることを期待したい。(牧忠則)

【今後の小園海斗選手に期待『人気インフルエンサー・渡辺リサが転売で観戦チケット購入 ネット上に擁護の声〈dot.〉』】の続きを読む


優勝おめでとう『【センバツ】東海大相模が10年ぶり3度目の優勝 サヨナラVは16年智弁学園以来』


【センバツ】東海大相模が10年ぶり3度目の優勝 サヨナラVは16年智弁学園以来
…◆第93回センバツ高校野球大会最終日 ▽決勝 東海大相模3x―2明豊(1日・甲子園)  東海大相模(神奈川)が明豊(大分)をサヨナラで下し、10年ぶ…
(出典:スポーツ報知)


◆第93回センバツ高校野球大会最終日 ▽決勝 東海大相模3x―2明豊(1日・甲子園)

東海大相模(神奈川)が明豊(大分)をサヨナラで下し、10年ぶり3度目の優勝を成し遂げた。甲子園では春夏5度目のVとなり、横浜(神奈川)、東邦(愛知)に並んで3位に浮上した。

 決勝戦にふさわしい、両校の意地とプライドが激突する好勝負となった。明豊が初回2死三塁、黒木の左前適時打で1点を先取すると、その裏には東海大相模が1死三塁から小島のスクイズで、すぐさま同点に追いついた。

 4回には明豊が1死満塁から阿南の左犠飛で勝ち越し。すると5回、東海大相模は2死二塁から求が左越えに同点二塁打を放ち、試合を振り出しに戻した。

 試合が動いたのは9回裏だ。先頭の深谷が三塁へのセーフティーバントで出塁。犠打と申告敬遠、四球で1死満塁とし、小島がサヨナラ打を放った。

 決勝のサヨナラ決着は16年の智弁学園(奈良)以来、5年ぶりだ。

 エース石田は6回途中からリリーフ。今大会29回1/3を無失点で投げ抜き、見事に優勝投手に輝いた。

 東海大相模・門馬敬治監督「最後の最後まで執念を持って戦った、小島の一打がこのチームのすべてを物語っていると思います。明豊高校の選手たちが非常に気迫を持って向かってくる。その姿勢に後半まで完全に押されていたと思います。そこを何とか崖っぷちのところで踏みとどまっていた。それが9回のサヨナラの場面につながったのかなと思います。昨年の秋、サヨナラで負けてそこから始まったチームです。サヨナラで最後を締めくくることができて、本当にうれしく思います」

 東海大相模・小島大河捕手(サヨナラ打に)「絶対ここで決めてやろうという気持ちで打席に入りました。本当にうれしかったの一言です」

【優勝おめでとう『【センバツ】東海大相模が10年ぶり3度目の優勝 サヨナラVは16年智弁学園以来』】の続きを読む


関東推し『明豊が2年ぶり4強入り 智弁学園との接戦制す 選抜高校野球』


明豊が2年ぶり4強入り 智弁学園との接戦制す 選抜高校野球
 第93回選抜高校野球大会は第9日の29日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で準々決勝が行われ、第91回大会(2019年)4強の明豊(大分)が昨秋の近畿…
(出典:センバツLIVE!)


第93回選抜高校野球大会は第9日の29日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で準々決勝が行われ、第91回大会(2019年)4強の明豊(大分)が昨秋の近畿大会優勝の智弁学園(奈良)を6―4で破り、準決勝進出を決めた。

智弁学園は優勝した第88回大会(16年)以来、5年ぶりの準決勝進出はならなかった。

 センバツ高校野球準々決勝 天理10―3仙台育英
明豊6―4智弁学園
東海大相模8―0福岡大大濠
東海大菅生―中京大中京(試合中)

【関東推し『明豊が2年ぶり4強入り 智弁学園との接戦制す 選抜高校野球』】の続きを読む


『岩隈久志、17歳長女との“伸長差”ショット 妻「10代特有の女子感は見た目とは裏腹に全くありません」』


岩隈久志、17歳長女との“伸長差”ショット 妻「10代特有の女子感は見た目とは裏腹に全くありません」
 メジャーリーグ、シアトル・マリナーズの特命コーチに就任した岩隈久志さんの妻であるまどかさんが2月17日、ブログで家族を紹介。17歳の長女と岩隈さん…
(出典:ねとらぼ)


メジャーリーグ、シアトル・マリナーズの特命コーチに就任した岩隈久志さんの妻であるまどかさんが2月17日、ブログで家族を紹介。17歳の長女と岩隈さんの“伸長差”ショットなどを公開しています。

まどかさんは、16日にブログを開設したばかり。最近は、家族紹介のエントリを多く更新しており、岩隈さんについては「外では寡黙ですが自宅に戻ると明るくて面白い普通の父親です」と貴重な“オフ”の姿を伝えていました。

 17日には17歳の長女を紹介。「10代特有の女子感は見た目とは裏腹に全くありません」とコメントを添え、190センチの岩隈さんに長女が寄り添った親子ショットも公開しています。美人さんだ。

 岩隈さんとまどかさんは2002年に結婚。長女は2020年12月に17歳の誕生日を迎えており、岩隈さんもInstagramで「あっという間に大きくなりましたが、何歳になっても可愛くて仕方ありません」とデレデレな様子を伝えていました。

【『岩隈久志、17歳長女との“伸長差”ショット 妻「10代特有の女子感は見た目とは裏腹に全くありません」』】の続きを読む


『浮ついているようにしか見えない」 20歳で結婚、広島・小園海斗に厳しい声が相次ぐ理由』


「浮ついているようにしか見えない」 20歳で結婚、広島・小園海斗に厳しい声が相次ぐ理由
…いる。周囲からは「恋愛するなとは言わないがわきが甘すぎる。浮ついているようにしか見えない」と苦言が呈されていた。 「周りの視線が厳しいのは事実です。結…
(出典:J-CASTニュース)


本来なら正遊撃手候補として1軍にいなければいけない。プロ3年目の広島・小園海斗(20)だ。

若手の成長株でありながら、春季キャンプを2軍で送っている。

■1年目から頭角を現すも...

 報徳学園高の時は走攻守3拍子揃った遊撃手として、ドラフト1位で4球団が競合。広島が交渉権を獲得した。

 高卒1年目では史上2人目となるオープン戦で複数アーチを放つなど非凡な打撃センスをアピールし、シーズンでも58試合出場で打率.213、4本塁打、16打点をマーク。中日・根尾昂、ロッテ・藤原恭大ら同世代の中で最も早く頭角を現した。

 不動の遊撃として活躍してきた田中広輔から定位置奪取が見えたが、勝負の2年目は3試合出場のみで6打数無安打。大きな故障があったわけではない。ウエスタンリーグでは66試合出場で打率.305、1本塁打、11盗塁と結果は残している。そして、今年の春季キャンプでも2軍スタート。小園に一体何があったのだろうか。

「身体能力は抜群に高いことは誰もが認めています。ファームでもノーステップ打法に取り組んで結果は出している。ただ、昨年は1軍でスクイズのサインを見落としたほか、フェニックスリーグでも佐々岡監督が視察した試合で精彩を欠いたプレーで落胆させている。

首脳陣は小園がプレーに集中しきれていないように見えるのでしょう。キャンプの2軍スタートも期待の高さゆえだと思います」(広島のテレビ関係者)

「意識が変わらなければ1軍は厳しい」
 グラウンド外での熱愛が話題になったのも本意ではないだろう。小園は20歳の若さで1月下旬に結婚を発表。球団は相手を公表していないが、週刊文春(2月11号)が、小園の結婚相手は人気ユーチューバーの渡辺リサだと伝えている。

 渡辺は17年に当時15歳で妊娠、中絶し、19年に長女を出産。長女の父親が自分の親友と浮気していたことが原因で破局したことを公表するなど波瀾万丈の人生を送っている。周囲からは「恋愛するなとは言わないがわきが甘すぎる。浮ついているようにしか見えない」と苦言が呈されていた。

「周りの視線が厳しいのは事実です。結婚して腹をくくった以上、目に見える形で変わった姿を見せなければいけない。広島は泥臭くストイックに野球に取り組む選手たちがレギュラーをつかんできました。小園の意識が変わらなければ、今年も1軍で使われるのは厳しいと思います」(在阪スポーツ紙記者)

 能力は誰もが認めるだけに、このまま伸び悩むのは惜しい。周囲から厳しい声が出るのも期待の裏返しだろう。試練を経て、大きく飛躍できるか。

【『浮ついているようにしか見えない」 20歳で結婚、広島・小園海斗に厳しい声が相次ぐ理由』】の続きを読む

このページのトップヘ