ドラマ


ちょっと、マンガ見てないので意味が解らないけど!死んだ妹の婚約者に恋して禁断の恋?三角関係?良く解らないけどテレビを見ればわかるかな


5月22日にスタートする女優の高橋ひかるさん主演の連続ドラマ「春の呪い」(テレビ東京系、土曜午後11時25分)のメインビジュアルが5月8日、公開された。帰らぬ人となった最愛の妹・春(桜田ひよりさん)の遺骨を抱えながら切ない表情を見せる立花夏美(高橋さん)と、思いつめた表情の春の婚約者・柊冬吾(工藤阿須加さん)が描かれているほか、そんな2人の後ろにはうっすらと春も姿を見せている。

 ドラマは、「このマンガがすごい!2017」のオンナ編で第2位になった、小西明日翔さんの同名マンガが原作。最愛の妹を亡くした主人公・夏美が、妹の婚約者の柊冬吾に恋してしまい、禁断の恋に揺れる姉、妹の婚約者で財閥の御曹司である青年、恐怖の幻影として姿を現す妹の奇妙な三角関係が描かれる。今年4月、テレビ東京で実写ドラマ化されることが発表されると、瞬く間にYahoo!のリアルタイム検索などでトレンド入りするなど話題となっている。

 今作のレギュラーキャストとして、女優の高島礼子さんが出演することも発表された。冬吾の母・柊聖美を演じる。役どころについて、「一見きつい意地悪な母親だと思いますが、家族への愛し方が極端で、ある意味不器用な女性だと思います。この役をいただいたうえで、ただ意地悪役というだけでなく、家族への過剰な愛を表現できるよう大事に演じたいと思います」とコメントしている。

 テレビ東京の稲田秀樹プロデューサーは「『春の呪い』の登場人物たちの中でも異彩を放つのが、冬吾の母・聖美です。この切ない物語の端緒を作り出すキャラクターであり、主人公の夏美や冬吾にとっての大きな障壁にもなります。そんな聖美を高島礼子さんに演じていただけたことで、ドラマにぐっと深みが増しました」「ぜひその圧倒的な存在感とお芝居をご堪能いただけたらと思います」とコメントを寄せた。

【ちょっと、マンガ見てないので意味が解らないけど!死んだ妹の婚約者に恋して禁断の恋?三角関係?良く解らないけどテレビを見ればわかるかな】の続きを読む


今回のドラマは面白いぞ。『恋愛ドラマは本当に若年女性に見られているか?~『恋はDeepに』『リコカツ』等の視聴データ分析から~』


恋愛ドラマは本当に若年女性に見られているか?~『恋はDeepに』『リコカツ』等の視聴データ分析から~
…春ドラマの初回の放送がほぼ終わった。今クールは男女の恋愛模様を描くドラマがGP帯(夜7~11時)に5本放送されている。その初回の個人視聴率は、石原さ…
(出典:鈴木祐司)


春ドラマの初回の放送がほぼ終わった。

今クールは男女の恋愛模様を描くドラマがGP帯(夜7~11時)に5本放送されている。

その初回の個人視聴率は、石原さとみ『恋はDeepに』、北川景子『リコカツ』、川口春奈『着飾る恋には理由があって』、吉岡里帆『レンアイ漫画家』、松たか子『大豆田とわ子と三人の元夫』の順となった。

昨年1月クールの上白石萌音『恋はつづくよどこまでも』以降、恋愛ドラマがさかんに放送されるようになっているが、5本放送される今クールはこれまでにない盛況ぶりだ。

広告主のニーズに応えるべく、近年は若年層をターゲットとする局が増えている。恋愛ドラマはまさにその路線に乗って量産されるようなった。

では実際には、狙い通り10~30代の女性に届いているのか、視聴データで検証してみた。

個人視聴率の状況
ビデオリサーチ(VR)関東地区のデータによれば、初回に最も見られたのは日テレ水曜10時の『恋ぷに』。

5.7%は5本の中でトップだが、同時間帯の前4週平均と比べても0.3ポイント上回った。しかも前クールの菅野美穂『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』初回とも肩を並べた。

順調なスタートと言えよう。

一方5.3%のTBS金曜10時『リコカツ』は、前4週平均を上回ったが、前クールの長瀬智也『俺の家の話』からは1.1ポイント下回った。微妙なスタートと言ったところか。

3位で4.7%のTBS火曜10時『着飾る恋』は、前4週より0.6%上がったが、前クールの上白石萌音『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』より1.8ポイントも下回った。同枠としてはイマイチな始まりと言えよう。

4位4.3%のフジ火曜9時『まめ夫』も、前4週はクリアしたものの、前クール藤原竜也『青のSP』には届かなかった。

5位3.5%のフジ木曜10時『レンアイ漫画家』は、唯一前4週を下回った。前クール大倉忠義『知ってるワイフ』よりわずかに高かったものの、同枠の低迷を打ち破るほどのパワーには欠けるようだ。

若年女性の高い支持
ただし以上のデータは、ほぼ半数を占める男女50歳以上のテレビ視聴動向が大きく影響する個人視聴率全体の話。

これをCCCマーケティングのインターネット接続テレビを使っている7万2千人(関東地区)で分析すると、評価は大きく変わる。若年女性の支持が凄まじいことがわかるからだ。

個人視聴率が5.7%でトップだった『恋ぷに』は、竹野内豊『イチケイのカラス』(フジ月9)に2ポイント以上離されていた。ところが独身20~30代女性では8.3%、女子中高生や女子大生に至っては11%超と個人全体の倍近い。もちろん『イチケイ』を逆転する。

他4ドラマもすべて、独身20~30代女性や女子中高大生の個人視聴率が個人全体を大きく上回る。

ただし『まめ夫』だけは、上昇率はさほど大きくない。恋愛ドラマは“恋のはじまり”を描くものが多い中、“恋の終わり”以降を描くことの多い坂元裕二ドラマは、やはり若年女性とは親和性があまり高くないようだ。

逆に個人全体で『まめ夫』より0.8ポイント下回った『レンアイ漫画家』が気を吐いている。

ネット上では大人の評論家などに批判されている割に、若年女性の間では『まめ夫』より高い数字となった。「キュンシーンがマンネリだったりダサかったり…」と叩く記事もあったが、女子中高大生が皆そう見ているとは限らないようだ。

広告主からは垂涎の的
恋愛ドラマは若年女性の個人視聴率が高いだけじゃない。

広告主からみると、CMを届けたいターゲット層がよく見る番組になっている。つまり出稿したい“垂涎の的”なのである。

例えば「綺麗になりたい」女性をターゲットにする企業だ。

趣味・関心が「美容」「ファッション」と答える各2000人では、『恋ぷに』が8.5%ほどで全ドラマ初回の中でトップクラスとなった。

2013年以降、毎年「世界で最も美しい顔100人」(米国映画批評サイト)の常連となっている石原さとみのパワーだろうか。明らかに特定層を強烈に引き付けている。

『リコカツ』『着飾る恋』も、「美容」「ファッション」で7~8%。

主演の北川景子も川口春奈も、各種人気ランキングで上位に名を連ねることが多い。この特定層では、やはり女優の力がモノを言っているようだ。

そして『まめ夫』だけは、「美容」「ファッション」が個人視聴率より上だったが、「料理」の方が上回った。

松たか子は四半世紀以上も出演する山崎製パンCMのイメージが強いせいか、はたまた和風美人と評されることが多いせいか、「美容」「ファッション」より「料理」が先にきた。

ちなみに個人視聴率全体で苦戦の『レンアイ漫画家』も、「美容」「ファッション」では上位に入った。

“ダメ男ホイホイ”役を演じる吉岡里帆に対して、「ギャルファッションがわかいすぎ」「何をやっても可愛い」などの反響もある。毀誉褒貶が激しくても、特定層を引っ張る力は尋常ではないようだ。

化粧品メーカーへの切り札
そして恋愛ドラマで女優を魅力的に撮ることは、化粧品メーカーへの切り札となっている。

CCCマーケティングでは、月間の化粧品購入額別にライト(下位50%)・ミドル(中位30%)・ヘビー(上位20%)にわけて個人視聴率を算出している。

これによると、全ドラマの中でやはり『恋ぷに』がトップクラス。『まめ夫』を除く他3ドラマも高い数字となった。ここで興味深いのは、化粧品の購入額に関係なく、化粧品を買う人はいずれも恋愛ドラマを見る人が多いという事実だ。

4ドラマとも化粧品あるいは暮らしを美しく快適にする商品を出すメーカーがタイムスポンサーとなっているが、なるほど民放番組とCMの関係はよく考えられている。

ちなみに個人視聴率を1として、各特定層を指数化すると、興味深い事実が浮かび上がる。

女子中高生や独身20~30代の突出ぶりは、『恋ぷに』が他を圧倒した。そして個人視聴率の順位通り、若年女性の各層は『リコカツ』『着飾る恋』の順で数字が高い。

ところが『レンアイ漫画家』は、女子大生・美容で健闘する他、化粧品ヘビーで恋愛5ドラマの中でトップとなった。

化粧品メーカーの中には、「男性や高齢者に見てもらう必要はない」「下手に個人視聴率全体が高いとCM単価が高くなる。むしろ若年女性の比率が高い、あるいは化粧品購入の頻度の高い人だけが見てくれる番組の方に出稿したい」という社がある。

つまり自社の製品の購買層だけが見る番組を求めている。

その意味では、万人受けするのではなく、ターゲット層に特化したドラマにニーズがある。『レンアイ漫画家』に対しては、世帯視聴率が低く「試合終了」と揶揄する記事もあったが、スポンサーは必ずしもそんな数字だけで判断してはいないのである。

視聴データが進化し、誰が見ているのかを詳細に認識できるようになった時代。

テレビ番組は特定層をしっかりグリップすれば生き残ることが可能だ。かつては最大公約数狙いの番組が持て囃されたが、ようやく多様性の時代が訪れそうだ

【今回のドラマは面白いぞ。『恋愛ドラマは本当に若年女性に見られているか?~『恋はDeepに』『リコカツ』等の視聴データ分析から~』】の続きを読む


これからおもろくなるで!『菅田将暉「コントが始まる」視聴率低空発進となった2つの理由…有村架純に原因が?』


菅田将暉「コントが始まる」視聴率低空発進となった2つの理由…有村架純に原因が?
 4月期の連続ドラマの中で“大本命”といわれていた菅田将暉(28)主演の「コントが始まる」(日本テレビ系)の初回視聴率が9%台を切り、予想外に苦戦し…
(出典:日刊ゲンダイDIGITAL)


4月期の連続ドラマの中で“大本命”といわれていた菅田将暉(28)主演の「コントが始まる」(日本テレビ系)の初回視聴率が9%台を切り、予想外に苦戦している。

菅田が連ドラの主演を務めるのは19年1月期の「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(同)以来、2年ぶり。他のキャストも、神木隆之介(27)、仲野太賀(28)と豪華な顔ぶれで、さらに主題歌を人気歌手のあいみょんが担当。オンエア前から大いに盛り上がっていた。

「日本テレビ系の土曜日22時枠は視聴率8~10%台を安定的にキープしています。『コントが始まる』は十分合格ラインに達しているものの、“期待値”が極めて高かったため、残念がる関係者が少なくありません」(テレビ雑誌記者)

 視聴率が思いのほか伸び悩んだ理由のひとつは、ファミレスのウエートレスを演じる有村架純(28)の存在だろう。ここ数年、有村の主演ドラマの視聴率はパッとせず、昨年10月期の「姉ちゃんの恋人」(フジテレビ系)は7%台、18年10月期の「中学聖日記」(TBS系)は6%台に終わった。

「もっとも、有村だけのせいにするのはあまりに酷です。有村と菅田がダブル主演している映画『花束みたいな恋をした』は興収30億円を超えるヒットを記録し、上映はまだ続いています。設定を変えたとしても、同じ2人が恋の駆け引きをする様子をドラマで見るのは、菅田のファンにとって興ざめなのだと思います。『花束――』の余韻に包まれているファンは、『コントが――』はしばらく時間が経ってからHuluで見ればいいや……と考えているのではないでしょうか」(芸能関係者)

 ある民放プロデューサーはまた違った見方をする。

■「最大の原因は菅田のタイトなスケジュール」

「最大の原因は菅田のタイトなスケジュールだと思います。彼の仕事の予定は2年先まで埋まっており、いくら才能が豊かで芝居が上手でも、これだけ次から次に菅田を見せられたら、視聴者もさすがに『お腹いっぱい!』となってしまいます。さらなる飛躍を目指すなら、適度なインターバルを取り入れる方法もあるはずです」

 菅田は「キャラクター」「キネマの神様」「CUBE」と今年3本の映画に出演する。

 さらに「コントが――」がクランクアップしたら、すぐにNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の収録が始まる。

 こんな過密スケジュールをこなした上でドラマの視聴率をキープしつつ、映画でも興収を稼ぎ続けていること自体が驚異ともいえる。コロナ禍の撮影続きで体調を崩さないか余計な心配をしてしまう。

【これからおもろくなるで!『菅田将暉「コントが始まる」視聴率低空発進となった2つの理由…有村架純に原因が?』についてTwitterの反応】の続きを読む


今日からドラマ楽しみ!『山下智久 「ドラゴン桜」への思い「あの頃より、少し成長できたかな?」』


山下智久 「ドラゴン桜」への思い「あの頃より、少し成長できたかな?」
 俳優で歌手の山下智久(36)が25日、自身のインスタグラムを更新。この日から放送されるTBSの日曜劇場「ドラゴン桜」(日曜後9・00)への思いをつづった。
(出典:スポニチアネックス)


俳優で歌手の山下智久(36)が25日、自身のインスタグラムを更新。この日から放送されるTBSの日曜劇場「ドラゴン桜」(日曜後9・00)への思いをつづった。

 2005年に放送された同作の第1シリーズで主要キャストの1人を演じ、代表作の1つとなっている山下。当時はまだ20歳で、特進クラスの東大合格を目指す矢島勇介を演じた。

 山下はこの日、ストーリーを更新し、「今日からドラゴン桜楽しみだ」と自撮り写真を投稿。「あの頃より、少し成長できたかな?笑」と添えた。

 36歳の誕生日を迎えた9日の投稿では同作の再放送にも反応。「最近ドラゴン桜が再放送されていてます。夢はあの時より大きくなっています。まだまだ夢の途中ですが、全力で走り続けます」とつづっていた。

 新作では前作の原作「ドラゴン桜」(03~07年連載)の15年後を描く。前作同様、俳優の阿部寛(56)が伝説の弁護士・桜木役を演じ、女優の長澤まさみ(33)が桜木の教え子・水野直美役を続投する。水野は一浪して東大に合格し、弁護士資格を取得。桜木が経営する法律事務所に入った。続編はドラマオリジナルの舞台・龍海学園の教頭・高原浩之(及川光博)が学園再建のため、桜木と水野を招き、幕を開ける。

【今日からドラマ楽しみ!『山下智久 「ドラゴン桜」への思い「あの頃より、少し成長できたかな?」』】の続きを読む


久しぶりに面白いドラマ。『松たか子、ドラマ現場で“本気のパン祭り”を開催 パンだらけの光景に「お皿何枚貰えるだろう」「壮観です!」の声』


松たか子、ドラマ現場で“本気のパン祭り”を開催 パンだらけの光景に「お皿何枚貰えるだろう」「壮観です!」の声
 フジテレビ系ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」の公式Instagramが4月14日、主演俳優の松たか子さんからの“差し入れ”を紹介。山崎製パンの商…
(出典:ねとらぼ)


フジテレビ系ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」の公式Instagramが4月14日、主演俳優の松たか子さんからの“差し入れ”を紹介。山崎製パンの商品が大量に並んだ光景に視聴者からは、「壮観です!」「お皿何枚貰えるだろう?」など反響が寄せられています。本物のパン祭りだ~!

13日に初回放送を迎えた「大豆田とわ子と三人の元夫」は、松さん演じる“3回結婚して3回離婚した”大豆田とわ子と、松田龍平さん、東京03の角田信朗さん、岡田将生さんが演じる3人の元夫が織りなすユニークな会話劇が魅力的な物語。脚本はTBS系ドラマ「カルテット」や映画「花束みたいな恋をした」などで知られる坂元裕二さんが担当しています。

 公式Instagramは同日、「初回放送の昨日、スタジオに本気の『春のパンまつり』がやってきました(大量のパンの絵文字)」と松さんがテレビCMに出演している山崎製パンの商品がズラリと並んだ控え室の写真を公開。“ヤマザキ 春のパン祭り”は5月16日まで開催中ですが、撮影現場では松さん主催の“マジのパン祭り”が催されたようですね。すごい光景だ……!

 視聴者からは、「すっっっっごい!! さすか松さん主演ドラマですね、、、、、、」「ホントの祭りだ~~うらやましい!」「白いお皿がいっぱい貰えそうですね!」など反響が寄せられた他、「第1話観ました! めちゃ面白かった!」「久々におもしろいドラマキターーー!」など初回放送への感想も届いていました。

【久しぶりに面白いドラマ。『松たか子、ドラマ現場で“本気のパン祭り”を開催 パンだらけの光景に「お皿何枚貰えるだろう」「壮観です!」の声』】の続きを読む

このページのトップヘ