政治・経済


『橋下徹氏、五輪「死人が出てまで」発言の錦織圭は「イタリアが2万人規模の感染者数って分かってないんじゃないか」』


橋下徹氏、五輪「死人が出てまで」発言の錦織圭は「イタリアが2万人規模の感染者数って分かってないんじゃないか」
 11日放送のTBS系情報番組「ゴゴスマ」(月~金曜・午後1時55分)では、開幕まで2か月半に迫ったものの新型コロナウイルスの感染拡大の中、開催に疑…
(出典:スポーツ報知)


11日放送のTBS系情報番組「ゴゴスマ」(月~金曜・午後1時55分)では、開幕まで2か月半に迫ったものの新型コロナウイルスの感染拡大の中、開催に疑問の声も集まっている東京五輪について報じた。

 コメンテーターで出演の元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)は、男子テニスで16年リオデジャネイロ五輪シングルス銅メダルの錦織圭(31)=日清食品=出場中のイタリア国際1回戦に勝った後の会見で東京五輪開催について「(新型コロナで)死者がこれだけ出ているということを考えれば、死人が出てまでも行われることではない」と話したことについて、「錦織さんも日本換算にして今、2万人の感染者がいるイタリアで普通にテニスをして、普通に生活をしているんですよ」とした上で「感染者が出ないところでオリンピックをやるべきだと言うけど、じゃあ、イタリアはどうなの?って」と続けた。

 さらに「少ない情報源の中からいろいろ聞くと、イタリアはこんな連日、連日、コロナの報道をしていないんですね。多分、錦織さん、今、イタリアが2万人規模の感染者数って分かってないんじゃないかと思います」と「結局、日本の連日の報道が悪いこととは言いませんけど、この(日本の)感染者数を軽く扱ってはいけないんだけど、もっと耐えられる国にならなきゃいけないし、もっと、耐えられるんじゃないかって。最終的には医療状況の逼迫(ひっぱく)でみんなが危ないよね、抑えなきゃいけないよねってなっているけど、イタリアはどうですか?実数で1万人、日本の国の規模にして2万人の感染者数でも何にも問題になっていない。何かがおかしいと思うんですよ」と問題提起していた。

【『橋下徹氏、五輪「死人が出てまで」発言の錦織圭は「イタリアが2万人規模の感染者数って分かってないんじゃないか」』】の続きを読む


現状での判断が難しい?東京五輪引いても引かなくても批判が殺到する。 


豊田真由子氏 東京五輪中止なら「未来永劫日本にオリンピックは来ない」
 元衆院議員の豊田真由子氏(46)が9日、「ABEMA的ニュースショー」(ABEMA TV)に出演。東京五輪中止を言い出せない“裏事情”を推察した。
(出典:東スポWeb)


元衆院議員の豊田真由子氏(46)が9日、「ABEMA的ニュースショー」(ABEMA TV)に出演。東京五輪中止を言い出せない“裏事情”を推察した。

五輪開催の是非についての討論となり、共演者から「国のリーダーが『コロナが落ち着いてからもう一回立候補するところから始めます』と言えば拍手する人は多い」と発言すると、豊田氏は「でももし、日本からそう言ったら多分、未来永劫、日本にオリンピック・パラリンピックは来ない」と指摘。「日本政府の人は絶対自分から“逃げた”みたいなことは言えないし、IOCにしてみれば、放映権料が一番大事なので、もはや『やれれば何でもいい』という感じだと思う」と続けた。

 MCの千原ジュニアから「実際にやるんですか?」と質問されると「今のままの状況だったら8~9割やろうと思ってる。『やめます』と言い出す人がいない。政治的にはそれが勝ちだという意見もありますけど、多分そんな短期のスパンでは物事を彼らは考えてなくて、そこで日本がそうすることの長期的なデメリットをすごく気にしていると思います」と豊田氏。

 共演者から「本当に未来永劫できなくなるのか?」と疑問の声も出たが、豊田氏は「多分、誰かが誰かのせいにしたい。IOCからしたら、もし日本がやらないって言ったら、『やらないって言ったよね?』ってなっちゃう。全部の責任が日本だということになって、いろんなお金の話とか、オリパラに向けての(準備など)いろんなことが全部日本のせいになる」と推測した。

【現状での判断が難しい?東京五輪引いても引かなくても批判が殺到する。 】の続きを読む


これは市長の更迭!副市長が辞職しても何も変わらない。


市長が女性職員らにパワハラ、副市長「やめるよう注意したが…届かず」辞職
 神奈川県大和市議会は7日の臨時会で、4月に任期途中で辞職した金子勝前副市長(64)の後任に、元市政策部長の小山洋市氏(62)をあてる人事案に同意し…
(出典:読売新聞オンライン)


神奈川県大和市議会は7日の臨時会で、4月に任期途中で辞職した金子勝前副市長(64)の後任に、元市政策部長の小山洋市氏(62)をあてる人事案に同意した。任期は今月10日から2025年5月9日までの4年間。

 市によると、前任の金子氏は市秘書課長、総務部長などを歴任し、18年4月から副市長を務めたが、来年3月末までの任期を1年近く残して「一身上の都合」で辞職した。小山氏の就任が決まったことで、大和市の副市長は井上昇氏(70)との2人体制に戻る。

 一方、金子氏は7日に取材に応じ、「市長の職員へのパワーハラスメントが改善しなかったため辞職した」と説明した。

 金子氏の主張では、大木哲市長(72)は4選を決めた19年以降、職員に対し、「指示に従えないなら異動させる」などの発言を繰り返すようになり、やめるよう注意をしても聞き入れなかった。市長のパワハラで一時仕事を休んだ女性職員を復帰直後に呼びつけることもあったといい、「職員の声を代弁してきたが届かず、申し訳ない思いでいっぱいになり辞職を決意した」という。

 大木市長は4月16日の臨時記者会見で副市長辞職の理由を問われ、「分からない。私も不思議に思う」などと答えていた。市市長室は「臨時会見以上のコメントはできない」としている。

【これは市長の更迭!副市長が辞職しても何も変わらない。】の続きを読む


とんでもない、確信犯だね。『愛知県知事のリコール署名偽造問題 事務局長が「署名書き写しの依頼」認める』


愛知県知事のリコール署名偽造問題 事務局長が「署名書き写しの依頼」認める
 愛知県の大村秀章知事のリコール運動をめぐる署名偽造事件で、活動団体の事務局長が広告関連会社に「署名集め」を依頼し、これが結果として偽造につながった…
(出典:CBCテレビ)


愛知県の大村秀章知事のリコール運動をめぐる署名偽造事件で、活動団体の事務局長が広告関連会社に「署名集め」を依頼し、これが結果として偽造につながったとの認識を示しました。
 
 大量の不正署名が見つかった大村知事のリコール運動をめぐっては、活動団体の事務局から名古屋の広告関連会社に発注があり、佐賀県でアルバイトを動員した署名偽造が行われたとみられています。

 これまで、事務局長の田中孝博氏は、広告関連会社への発注を否定してきましたが、3日CBCの取材に対して一転「署名集め」を依頼したことを認め、これが結果として偽造につながったとの認識を示しました。

 「署名収集業務の依頼をしたのは事実です。広告代理店側が署名簿の書き写しをして、そこから新たに書き写した人に署名収集をすると言っていた」
 (リコール活動団体 田中孝博事務局長)

 田中氏は、「最終的に書き写した名前の人を訪ね、有効な署名にする予定だった」とした上で、「署名偽造を依頼した認識はない」と説明しています。

【とんでもない、確信犯だね。『愛知県知事のリコール署名偽造問題 事務局長が「署名書き写しの依頼」認める』】の続きを読む


この国に少しは新しい風が吹くことを期待したが『スーパークレイジー君」の当選無効 埼玉・戸田市選管』


「スーパークレイジー君」の当選無効 埼玉・戸田市選管
 埼玉県戸田市選挙管理委員会は9日、1月の市議選で初当選したスーパークレイジー君(本名・西本誠)氏(34)の当選を無効にすると決定した。公選法で定め…
(出典:産経新聞)


埼玉県戸田市選挙管理委員会は9日、1月の市議選で初当選したスーパークレイジー君(本名・西本誠)氏(34)の当選を無効にすると決定した。公選法で定める市内での3カ月以上の居住実態がないとして無効を求める異議申し出が市民からあり、調査の結果、「生活の本拠を移したとはいえない」と判断した。

決定を不服とする県選管への審査申し立てが5月1日までになかった場合、落選者のうち最も得票が多かった公明党新人の三浦伸雄氏(38)が繰り上げ当選する。西本氏は産経新聞の取材に、審査申し立てを行うと表明した上で「徹底抗戦する」と強調した。

 西本氏は、特攻服姿で街頭演説に臨むなどの独自の選挙戦で注目を集め、1月31日の市議選で当選者26人のうち25番目の912票を獲得した。

 市選管によると、西本氏は昨年10月5日に東京都中央区から戸田市に住民票を移した。ただ、旧住所の電気などの契約は西本氏名義のままで、妻子も旧住所で暮らしていることなどから、戸田市に生活の本拠を移していないと判断した。

 西本氏は取材に対し「妻子が暮らす都内の家に行くことはあったが、寝泊まりは戸田市でしている」と説明し、居住実態はあると重ねて主張した。(内田優作)

【この国に少しは新しい風が吹くことを期待したが『スーパークレイジー君」の当選無効 埼玉・戸田市選管』】の続きを読む

このページのトップヘ