お悔み申し上げます『作曲家・菊池俊輔さん、誤嚥性肺炎で死去 89歳 『ドラえもんのうた』『仮面ライダー』など手掛ける』


作曲家・菊池俊輔さん、誤嚥性肺炎で死去 89歳 『ドラえもんのうた』『仮面ライダー』など手掛ける
…曲家・菊池俊輔さんが24日、誤嚥性肺炎のため都内の療養施設で亡くなった。89歳。日本音楽著作権協会(JASRAC)が28日、発表した。葬儀は親族のみで…
(出典:オリコン)


『ドラえもん』『仮面ライダー』など多くの主題歌を手掛けた、作曲家・菊池俊輔さんが24日、誤嚥性肺炎のため都内の療養施設で亡くなった。89歳。日本音楽著作権協会(JASRAC)が28日、発表した。葬儀は親族のみで執り行った。病気療養中だったという。

菊池さんは1931年11月1日生まれ、青森県弘前市出身。1961年に『八人目の敵』で劇伴デビュー。東映や松竹などで映画音楽を手掛けた。アニメや映画などの劇伴音楽の巨匠として知られている。『ドラえもんのうた』『仮面ライダー』『タイガーマスク』『吉宗評判記暴れん坊将軍』『Gメン75テーマ』『ワイワイワールド』など代表曲多数。1983年には第6回日本アカデミー賞優秀音楽賞、2015年には第57回日本レコード大賞功労賞などを受賞している。

【お悔み申し上げます『作曲家・菊池俊輔さん、誤嚥性肺炎で死去 89歳 『ドラえもんのうた』『仮面ライダー』など手掛ける』】の続きを読む


『中居正広、香取慎吾、浜崎あゆみらに「紺綬褒章」』


中居正広、香取慎吾、浜崎あゆみらに「紺綬褒章」
…中居正広(48)香取慎吾(44)浜崎あゆみ(42)西島隆弘(34)らが、「紺綬褒章」を受章していたことが9日、分かった。 政府官報によると、「公益の…
(出典:日刊スポーツ)


中居正広(48)香取慎吾(44)浜崎あゆみ(42)西島隆弘(34)らが、「紺綬褒章」を受章していたことが9日、分かった。

政府官報によると、「公益のため多額の私財を寄附したので、令和3年1月30日、紺綬褒章を授かった者」として公表された。浜崎や西島は昨年4月、コロナ禍での医療従事者に向けて、国立国際医療研究センターにそれぞれ1000万円を寄付したことを明らかにしていた。

【『中居正広、香取慎吾、浜崎あゆみらに「紺綬褒章」』】の続きを読む


『自動車向け半導体不足、原因は計画の不備それとも半導体業界の事情か』


自動車メーカーが生産停止を余儀なくされ、半導体チップメーカーとの関係悪化をもたらしている現在の半導体不足の背景には、近視眼的な計画とサプライチェーンの複雑さ、在庫を低く抑えるという自動車業界の慣例がある。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  発端は1年ほど前にさかのぼる。新型コロナウイルスの感染拡大で自動車需要が落ち込み、自動車向け半導体バイヤーは注文を削減した。ところがこれら企業が2020年末に向けて供給を増やしたいと思ったときには、台湾積体電路製造(TSMC)などの半導体受託生産業者は既に、外出自粛中の消費者を狙った電子機器端末の需要拡大に対応するのに忙殺されており、生産能力の確保が難しくなったと関係者は指摘する。


  半導体メーカー、自動車・同部品メーカー双方は、公には問題の解決は可能だとしながらも、非公式には互いを非難し合っている。自動車メーカーの低在庫志向が製造計画に悪影響を与えていると半導体メーカーが指摘する一方、自動車・同部品メーカー側は半導体メーカーがもたもたしていたため、サプライチェーンが混乱に陥ったと主張。

  自動車メーカーはまた、半導体メーカーが売上高と利益の大部分を占める消費者向け電子機器を優先していると不満を漏らしているのに対して、半導体メーカー側は特別扱いはしていないと反論している。

【『自動車向け半導体不足、原因は計画の不備それとも半導体業界の事情か』】の続きを読む


『介護施設やカラオケ居酒屋でクラスター拡大 滋賀の新型コロナ 30日夜発表』



(出典 kyoto-np.ismcdn.jp)


滋賀県は30日、新型コロナウイルスに感染し入院していた80代の女性1人が29日に死亡し、新たに10代~90歳以上の男女18人が感染したと発表した。県内の死者は計30人、感染確認は計2116人となった。

クラスター(感染者集団)関連では、長浜市の入所型介護施設で入所者1人が感染し、計10人になった。草津市のカラオケ居酒屋の利用客1人も新たに感染が判明し、計24人となった。

 新規感染者はいずれも軽症か無症状で、感染経路不明が5人で、調査中は4人。居住地別では大津市が8人、彦根市が3人など。

【『介護施設やカラオケ居酒屋でクラスター拡大 滋賀の新型コロナ 30日夜発表』】の続きを読む


『千葉・睡眠剤殺傷、懲役24年確定へ 最高裁、殺意一部否定の2審破棄』



(出典 news.tbs.co.jp)


千葉県印西市の老人ホームで平成29年、睡眠導入剤入りの飲み物を同僚らに飲ませ、交通事故などで6人を殺傷したとして殺人や殺人未遂などの罪に問われた元職員の准看護師、波田野(はたの)愛子被告(74)の上告審判決で、最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)は29日、殺意の一部を認めなかった2審東京高裁判決を破棄し、被告側の控訴を棄却した。懲役24年とした1審千葉地裁の裁判員裁判判決が確定する。4裁判官全員一致の結論。

2審判決は「事故に巻き込まれた対向車の2人に対する殺意までは認められない」として1審判決を破棄、審理を地裁に差し戻した。これに対し第2小法廷は、対向車の2人が事故を避けられたとは限らず、2人が死亡することも「十分あり得る」などと指摘。殺意を一部否定した2審判決は「誤りだ」とした。

 判決によると、波田野被告は29年2月、准看護師として勤務していた老人ホームで、同僚の山岡恵子さん=当時(60)=に睡眠導入剤入りの飲み物を飲ませた上、車を運転して帰宅するよう仕向け、交通事故を起こさせて殺害。対向車の男性にもけがをさせた。同様の手口で同年5~6月に別の同僚2人と同乗者、事故の相手の計4人にも重軽傷を負わせた。

【『千葉・睡眠剤殺傷、懲役24年確定へ 最高裁、殺意一部否定の2審破棄』】の続きを読む

このページのトップヘ