一部白骨化結構前に沈まされた感じですね。『琵琶湖岸のスーツケースに人の腕 死体遺棄容疑で捜査 滋賀県警』


琵琶湖岸のスーツケースに人の腕 死体遺棄容疑で捜査 滋賀県警
 17日午後2時15分ごろ、滋賀県彦根市薩摩町の琵琶湖岸で打ち上げられたスーツケースの中から遺体が見つかった。県警によると、遺体の年齢や性別などは不…
(出典:毎日新聞)


17日午後2時15分ごろ、滋賀県彦根市薩摩町の琵琶湖岸で打ち上げられたスーツケースの中から遺体が見つかった。県警によると、遺体の年齢や性別などは不明で、死体遺棄事件として調べている。

 近くに住む男性(83)がスーツケースを発見。連絡を受けた彦根市職員が人の腕などを確認し、午後2時半ごろ、県警彦根署に通報した。

 県警によると、スーツケースは半分ふたがない状態で、中から銀色のシートに包まれた遺体が見つかった。腕と胴体はつながった状態で一部白骨化しているという。【菅健吾】

【一部白骨化結構前に沈まされた感じですね。『琵琶湖岸のスーツケースに人の腕 死体遺棄容疑で捜査 滋賀県警』】の続きを読む


奈央ちゃんCMみたけど肌綺麗でつやがありますね。『朝日奈央「実はクロ」デビュー当時の「嘘」を明かす』


朝日奈央「実はクロ」デビュー当時の「嘘」を明かす
…タレントの朝日奈央さんが出演する「ファンケル ディープクリア洗顔パウダー」の新WEBCMが、17日に公式サイトなどで公開されました。 CMは『実はク…
(出典:日本テレビ系(NNN))


タレントの朝日奈央さんが出演する「ファンケル ディープクリア洗顔パウダー」の新WEBCMが、17日に公式サイトなどで公開されました。

CMは『実はクロ』篇、『つまらない女』篇、『ごっそりいく』篇の3本。『実はクロ』篇は、朝日さんが「加工なしでも、すっぴんきれいすぎ~って、たくさんいいねが欲しくて。でも、ほんとは盛ってます」などと衝撃の告白をしますが、実は毛穴が気になるところに商品の黒い泡を盛っているという内容です。

朝日さんはCM出演が決まった時の心境を「すごく嬉しいのと不安の両方というか…」と明かし、実際に撮影が始まって実感したことを「本当にCM撮影ちゃんと行われるんだっていうか…常にドッキリをかけられている人間なので、疑って生きてはいるのですが(笑)、本当に撮影あるんだなって思って、すごく嬉しかったです!」と告白。

朝日さんの大人っぽい表情も注目ポイントで、「普段の感じとは違う雰囲気で撮影できたんじゃないかなとは思いますね。バラエティーの時はかなり大声でしゃべったりとか、結構オーバーリアクションでやることが多いんですけど、今日は肩に力を入れすぎずに、なるべく“素”に近い自分で撮影できたらいいかなと思って、リラックスすることを心がけました」と振り返りました。

CMにちなんで「自分のここは『実はクロ』…と思うことはありますか?」と聞かれると、朝日さんは「ちょっとカッコつけて“私、水しか飲みません”って言ってたんですけど、なんでも飲みます(笑)。でも、いちばん好きなのはお水なんですよ。芸能人だし、お水しか飲まないって言ったほうがカッコいいかなと思って…デビュー当時はかなり嘘ついてましたね(笑)」と答えました。

【奈央ちゃんCMみたけど肌綺麗でつやがありますね。『朝日奈央「実はクロ」デビュー当時の「嘘」を明かす』】の続きを読む


里帆ちゃん最高!『吉岡里帆、超ミニのパンツでナマ脚美脚ショット公開「色気がスゴッ!」「めっちゃ美しい」』


吉岡里帆、超ミニのパンツでナマ脚美脚ショット公開「色気がスゴッ!」「めっちゃ美しい」
 女優の吉岡里帆が17日までに自身のインスタグラムを更新し、ミニ丈のパンツ姿を公開した。  吉岡は「(・_・)」と困ったような表情の顔文字をつけ、デ…
(出典:スポーツ報知)


女優の吉岡里帆が17日までに自身のインスタグラムを更新し、ミニ丈のパンツ姿を公開した。

 吉岡は「(・_・)」と困ったような表情の顔文字をつけ、デニムのナマ脚ショートパンツ姿の写真を掲載。黒髪のショートカットで、小石の目立つ土の上に座っている。

 この投稿に、絶賛の声が殺到。「やっぱりショートも可愛い」「メチャクチャ可愛い」「美しすぎる」「鬼かわいいやん」「色気がスゴッ!」「美脚で、めっちゃ美しいですね」などの声が寄せられている。

【里帆ちゃん最高!『吉岡里帆、超ミニのパンツでナマ脚美脚ショット公開「色気がスゴッ!」「めっちゃ美しい」』】の続きを読む


毎回驚かされる、いつも楽しみになってきた。『石原さとみ、恒例の始球式でサイドスロー投法 ショートカット姿に反響も【過去の投法一覧あり】』


石原さとみ、恒例の始球式でサイドスロー投法 ショートカット姿に反響も【過去の投法一覧あり】
 女優の石原さとみが17日、オンラインで行われた『サントリードリームマッチ2021』始球式に登場。2014年から6回連続(2020年は中止)で始球式…
(出典:オリコン)


女優の石原さとみが17日、オンラインで行われた『サントリードリームマッチ2021』始球式に登場。2014年から6回連続(2020年は中止)で始球式を務めており、毎回“投法”に注目が集まっている石原だが、バッターボックスに高橋由伸が立つ中、キャッチャーの古田敦也に向けて、斎藤雅樹の代名詞“サイドスロー”投法を披露した。

両手でガッツポーズを作って、石原はさっそうとマウンドに登板。しっかりと踏みしめ、斎藤のフォームを忠実に再現したが、結果は惜しくもワンバウンドとなり、がっくりと肩を落とした。「めちゃくちゃ練習したのに、くやしかったです。斎藤選手に教えてもらったんですけど…。練習はうまくいって、逆に届きすぎる感じだったのですが、あそこに立つと緊張するんですよね」と感想を語っていた。

 投球前から「今年は何の投法だろう」「誰のフォームかな」とSNS上では期待する声が多く見られた。ショートカット姿にも注目が集まり「さとみちゃん髪短くなってる」「似合っている!」「かわいいなー」など、賛辞が寄せられた。

 1995年から開催されている同記念試合は今年で25回目。今年は山本浩二監督率いる「ザ・プレミアム・モルツ球団」と田尾安志監督率いる「ドリーム・ヒーローズ」の対戦となる。無観客での開催となるが、自宅から試合の様子を、自分の好きなアングルで選んで視聴できる体験型映像「プレミアムオンラインビューイング」が新登場する。

■石原さとみが『サントリードリームマッチ』で披露した投法
2014年:撮影で右腕を痛めていたため、左腕で挑戦。暴投で、2球目のチャレンジも行い、バウンドしながらも見事キャッチャーにボールが届いた。
2015年:村田兆治氏の代名詞“マサカリ投法”。セットポジションから放たれたボールはノーバウンドでキャッチャーミットに収まった。
2016年:野茂英雄氏の代名詞“トルネード投法”。キャッチャーミットにノーバウンドで収まった。
2017年:世界一低いと評された「ミスターサブマリン」こと元プロ野球選手・渡辺俊介氏を彷彿とさせる“サブマリン投法”。キャッチャーミットに惜しくもワンバウンドで収まった。
2018年:震災復興の支援のため、東北と熊本を代表し、右打席に中畑清氏、左打席に前田智徳氏が立つ“二刀流”と相対。三浦大輔氏から指導を受けた二段モーション投球で、ワンバウンドでキャッチャーミットに収まった。
2019年:岡島秀樹氏の代名詞“ノールック投法”。キャッチャーミットにノーバウンドで収まった。
2020年:新型コロナウイルスの感染拡大の状況を受け、中止。

【毎回驚かされる、いつも楽しみになってきた。『石原さとみ、恒例の始球式でサイドスロー投法 ショートカット姿に反響も【過去の投法一覧あり】』】の続きを読む


流石日本、あれだけ批判あってもボランティア2倍採用『五輪スポーツ医に定員2倍近くの応募 全員採用へ』


五輪スポーツ医に定員2倍近くの応募 全員採用へ
 東京大会のスポーツドクターに定員の2倍の応募があったことが分かりました。  組織委員会によりますと、東京オリンピック・パラリンピックでスポーツドク…
(出典:テレビ朝日系(ANN))


東京大会のスポーツドクターに定員の2倍の応募があったことが分かりました。

 組織委員会によりますと、東京オリンピック・パラリンピックでスポーツドクター200人を募集したところ、395人の応募がありました。

 組織委員会は、大会期間中の熱中症やけがの治療のほか、新型コロナウイルスに感染した疑いがある人の対応をするために、スポーツドクターの協力を求めていました。

 ボランティアとしての活動なので、謝礼は支払われません。

 組織委員会は応募した395人については200人に絞らずに、全員に活動してもらう予定だとしています。

【流石日本、あれだけ批判あってもボランティア2倍採用『五輪スポーツ医に定員2倍近くの応募 全員採用へ』】の続きを読む


綺麗ですね!『ザギトワ選手、出演映画公開前に秋田へ…愛犬「マサル」のきょうだい犬と対面も』


ザギトワ選手、出演映画公開前に秋田へ…愛犬「マサル」のきょうだい犬と対面も
 平昌(ピョンチャン)五輪フィギュアスケート女子金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手(18)(ロシア)が、日露合作映画「ハチとパルマの物語」が28日…
(出典:読売新聞オンライン)


平昌(ピョンチャン)五輪フィギュアスケート女子金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手(18)(ロシア)が、日露合作映画「ハチとパルマの物語」が28日から全国公開されるのを前に、映画のロケ地となった秋田県大館市を訪れることになった。

映画はロシアの空港で飼い主を待ち続けた犬の実話を描いた作品で、ザギトワ選手も出演した。23日に同市で行われる先行上映会(市民対象)で舞台あいさつするほか、公益社団法人・秋田犬保存会(大館市)が贈呈した愛犬「マサル」のきょうだい犬「勝大」との対面も予定されている。

 同市と映画の制作会社がザギトワ選手を招待する。滞在中は新型コロナウイルス感染防止のため、市民との交流は行わない。市の担当者は「ザギトワ選手は日本が大好きで、私たちの熱意に応えてくれた」と喜んでいる。

【綺麗ですね!『ザギトワ選手、出演映画公開前に秋田へ…愛犬「マサル」のきょうだい犬と対面も』】の続きを読む

このページのトップヘ